DIY資格人気ランキング

DIY資格について

DIYとは「Do It Yourself」の略称であり、簡単な家具やインテリアを自分の手で作ってしまうことを指します。日曜大工と同じような意味ですが男性だけでなく女性にも注目されています。近年ではDIYという言葉が浸透してきたこともあってより多くの人が趣味としてDIYを楽しんでいます。ホームセンターなどで簡単に道具や材料を集めることもできるので気軽にスタートすることも可能です。
一方で正しい知識を持ってDIYを始めたいという方やもっと深く技術を身に付けたいという方に人気なのがDIYの資格です。スペシャリストになることを目指した資格が多く揃っていますのでこれからDIYを始める方にオススメです。また現在趣味でやっている人もきちんとした技術や知識を身につけるために資格を活用することができます。さらにホームセンターで働いている方ならば資格で身に付けた知識を仕事で活かすことも考えられますので有益です。今回はそんなDIYに関する資格をランキング形式で3つご紹介します。どれも現在注目されている資格ですので是非挑戦してみてください。

1位 DIY工作アドバイザー

受験資格:とくにありません。
主催団体:日本生活環境支援協会
受験料:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70%以上の得点率
DIY工作アドバイザーではDIYをする上で必要となる知識はもちろん、ノコギリやジグソーなどの作り方、使用方法、作成のための技術を身に付けていることが求められます。さらにその知識や技術を人にアドバイスできる能力も認定されますので将来的にDIYの講師になりたいという方や現在ホームセンターなどで働いている方におすすめです。

2位 日曜大工スペシャリスト

受験資格:特にありません。
主催団体:日本デザインプランナー協会
受験料:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
この資格では日曜大工やDIYをするために活用する道具の使い方、床材の種類、レンガの種類、棚や家具の作成知識などを身に付けていることを証明します。資格を取得すればすぐにオリジナルの作品をくることができるくらいのレベルに達することができるので趣味としてDIYを始めてみたい方にもオススメできる資格です。

3位 DIYアドバイザー

受験資格:18歳以上であること
主催団体:一般社団法人日本DIY協会
受験料:14040円
受験申し込み方法:願書を指定された期日までに協会に郵送します。
受験場所:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、仙台
合格基準:お問い合わせください。
この資格は日本DIY協会が公式に主催しているものですのでDIYの資格の中でも信頼が置けて履歴書などでも記入することができます。資格取得後にはDIYアドバイザー認定証を受け取ることができますのでそれを生かして他の人に助言やアドバイスすることができるのもこの資格の魅力です。受験料は他よりも高めですがその分充実した内容の資格になっています。

まとめ

いかがでしょうか。DIYは近年ますます注目されている分野ですからこれを機会に資格取得を目指してみてください。