DIY工作アドバイザー口コミ評判

DIY工作アドバイザーとは

DIY工作は海外では主流になっているもので、最近では日本でも人気が高まっています。

テレビ番組にて芸能人が、DIY工作を行なっているシーンもよく見かけるようになってきていますよね。

しかし、実際の作業を見ていると複雑な作業をしていることも多く、慣れるまでにはかなり時間がかかります。新しく始めるには少しハードルが高いのかものしれません。

多くの木材を切ったり、釘を打つなど、かなりの力が必要になりますし、道具の取り扱いも難しいでしょう。

しかし、DIY工作のスキルを持っていれば、家具や家屋が壊れたときなど必要と感じたときにすぐに修理を行なうことができますし、棚の増築をしたいと思ったときにもすぐに素早く行動することができます。わざわざ修理屋を呼んで高いお金をかけて修理する必要はありません。

よりスキルを高めれば、修理だけでなくリフォームもDIY工作でリフォームも夢ではないかもしれません。

「小さな小物を作るよりも、大きな物を作ってみたい」という方にはオススメの資格です。

大きな工作を作りあげた達成感は、小さな物に比べて比較にならないほど大きな達成感を感じるかもしれません。

そのように多くの利点を持つDIY工作のスキルを証明するための資格がDIY工作アドバイザーです。

試験では、DIY工作に必要な知識や、ジグソーやのこぎりのような道具の使い方など、基礎知識の理解を含め、道具を使った家具生産のアドバイス技術があるかどうかをテストします。
休日などでこの資格を取得してDIYを楽しんでみたい方は、取得を考えてみてください。自宅にて受験できる在宅受験制度で気軽に試験にチャレンジできるのも魅力ですね。

DIY工作アドバイザー認定試験について

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

日本生活環境支援協会について

資格の取得を考える上で重要なことは、まずその資格が実用的かどうかを知ることです。

今日の日本には多くの資格がありますが、「どのような場面で使えばよいのだろう」という資格も多くあります。

その資格の数は実際には1,000を超えていると言われています。これだけの数の資格から本当に実用的なものを見つけることは難しいですよね。

毎日の家事や仕事で忙しい人には、実用的な資格を探す時間を作るのも難しいのではないでしょうか。

もし、ハンドメイドや手芸が好きであれば、日本生活環境支援協会の資格を取得することをオススメします。この協会ではより実践的な資格認定試験を実施しているんです。

先ほどお話したように日本には多くの資格がありますが、必ずしもその全てが有用というわけではありません。

企業でさえ認識していない多くの資格もあります。

そのような資格を取得すると使いどころを見つけることが出来ずに自己満足で終わってしまい、資格を取得するだけで無駄な時間がかかってしまいます。

そのような貴重な時間を無駄にするのは非常にもったいないので、実践的な資格をあらかじめ厳選して資格取得をするほうがよいでしょう。

日本生活環境支援協会の資格であれば実践的で本格的な資格を取得できます。