CADデザインマスター認定試験口コミ評判

日本デザインプランナー協会の提供するCADデザインマスター認定試験とは何か、その受験概要やその方法に関する特色やメリット、気になる口コミ評判についてまとめています。

CADデザインマスター認定試験とは?

自分が図面担当した建築物や作品が完成したその様子を見るときの達成感や満足感はとても大きなものとなります。CADオペレーターはデザイナーや発注者とイメージを共有し思い描いているイメージをデジタル上で作り上げていく必要があります。正確さや細やかさが求められるので女性にも向いている仕事です。パソコンに向かって長時間作業することができる人や、センスを生かしてデザインし図面を描く能力を持つ人が求められます。

CADオペレーターとして仕事をするためには知識を身に付け技術を習得し資格を取得する必要があります。そのためにも日本デザインプランナーの提供するCADデザインマスター認定試験はとても役立ちます。このCADデザインマスター認定試験は世界標準CAD、AUTOCAD、JWCADを使いあらゆる場面(建築、機械、設備、電気、土木等)で的確に作図する能力、CAD技術を持つものとしてこれからの社会の姿を考えられる人材となることを目指した検定試験です。

受験概要とその方法

日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。その資格取得のために必要な技術について学ぶことはその人のスキルアップにつながりますし、資格取得者については企業側もその人の持つスキルがどの程度なのかを理解しやすく採用しやすくなります。実際にCADデザインマスター認定試験を受験したいと思う場合にはインターネットを活用して申し込むことができます。日本デザインプランナー協会のHPで画面の指示に従って簡単な入力事項を入力するだけです。受験資格に関して特に指定はありません。ですからある特定の職種にすでに就いていることや実務経験などが求められているわけではありませんので自由に受験することができます。受験料は1万円で自宅に受験票や試験用紙が送付される時にその金額を代引きの形で支払います。自宅で受験することができますし、試験日を定められた期間内であれば都合の良い日を選ぶことができますので、どのような方でも簡単に申込み手軽に試験を受けることができます。

気になる口コミ評判について

「受験することにはたくさんのメリットがあります。早めにとっておくべき資格かと思います。自分の知識が体系的に整理出来るようになったので効率よく仕事を行えるようになりました」

「在宅での製図起こしの依頼を得ることができ、家庭と仕事の両立が可能になりました」

「就職の機会を得る可能性が高い専門的な技術です。このCADデザインマスター認定試験の合格によって新たな可能性が開けました」

これらのコメントが示すようにCADデザインマスター認定試験によって資格取得することは今後その仕事を引き続き行っていく上でまた新たにスタートさせるためにもとても有用なものとなることがわかります。生涯にわたる貴重な財産となり社会で生き抜いていくための強力なツールの一つになることに間違いありません。