食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

ダイエットやメタボ、生活習慣病と言ったキーワードは多くの人に当てはまる問題ではないでしょうか。これらの単語だけに危機感を持ったあなた、正しい対処法を知っていますか?

2005年に食育基本法という法律が施工されて、食に関する意識が日本全体で高まってきてはいますが、同時にインターネットの普及により誤った情報や噂も多く出回ってしまい、何が正しい方法なのか分からなくなってきている人が多くいます。正しくない対処法をいくら行っても健康にマイナスにしかならないので、正確な知識を持って正しく健康になりたいものですよね。

食育健康アドバイザーとは?

食育健康アドバイザーは、まさにそのダイエットやメタボへの対象方法はもちろん、食と健康に関するあらゆる知識を一定水準以上持った人を日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格のことです。

食育健康アドバイザーになると、食育の有識者として自宅やカルチャースクールなどで講師活動を行うことができるようになります。 

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判は?

「結婚・出産を機に家族への食育を意識するようになり、資格を取得しました。資格を持っていることで家族の健康に自信を持てるようになり、毎日楽しく料理を作っています。」や「何か新しいことを始めたいと思っていましたが学校に通う時間もなく諦めていました。通信教育で取れる資格があることを知り、食育にも興味があったので受験しました。今では子供の食事にも自信を持って対処できるようになりました。」「保育士として働いていますが、食事についてお母さん達から質問され、今までは答えられなかったけど、資格を取得したことで自信を持って答えられるようになり、仕事での信頼も得られるようになりました。」など、普段の家事でも使える知識を通信教育のみで取得できたり、実際に資格として取得できることで、今までのちょっとしたことに自信が持てたりと、受講した人からとても良い評判が挙がっています。 

食育健康アドバイザーにはどうやってなるの?

食育健康アドバイザーになるには、2パターンあります。

ある程度知識があり、資格だけ欲しい人…日本安全食料料理協会自体は、資格を与えるための受験を行っているだけの機関なので、ある程度知識がある人がいきなり試験を受けてみる方法もあります。その場合受験資格は特になく、受験場所は自宅なので、誰でも何度でも気軽に受験することができます。受験方法は、インターネットから受験の申込を行うと、年6回の決まったタイミングで受験票と問題用紙、解答用紙が自宅に送られてきます。それを5日間の間に自宅などで受験して、解答用紙を協会に返送するだけです。その為、毎日仕事で忙しい人でも、育児で家から離れられない人でも簡単に受験することができます。まずは当協会のホームページにアクセスしてみましょう。

基礎から学んで資格を取得したい人…協会が認定している通信教育や学校などで予め勉強してから受験することをお勧めします。通信教育としては、諒アーキテクトラーニングという通信教育などが当協会が認定している学校としてあるので、通信教育で勉強すれば、最短2ヶ月程度で資格を取得することができます。協会が認定している学校であれば、講座修了のタイミングで最後の課題提出を持って、試験免除で資格取得が可能となります。その為、2ヶ月じっくり勉強するだけで試験をパスできるのです。2ヶ月はあくまで最短での話ですが、だいたい2~6ヶ月での取得が可能です。

通信教育だけや在宅受験のみで資格が取れるということは、日本全国の何処に住んでいても資格を取得できるということです。例えば、地方在住の人は、資格を取りたくても試験会場が首都圏にしかないと、それだけで諦めなくてはいけなくなってしまいます。通信教育などであれば、インターネットが繋がっていて、郵便物が届く環境であればどこでも可能なので、様々な人の可能性を広げてくれる協会です。

是非この機会に受験したり、通信教育を受講したりしてみてはいかがでしょうか。