食の資格は必須!?日本安全食料料理協会の口コミ評判

日本安全食料料理協会とは?

焼き魚や白米、みそ汁や煮物etc…。昔の日本の食文化を振り返ってみると、こういった和食が中心でしたね。私自身も和食はよく食べていて、シンプルで質素な食事ながらもどこか華があり、温かみを感じる食事だと思います。しかし、近年では都市部を中心に食の欧米化が日に日に増していき、和食を食べる機会が少なくなってきています。洋食もたくさんの種類があり、どれも美味しいですが、肥満や高血圧など体に様々な悪影響を及ぼしてしまう点が問題視されています。そんな中で、和食がとても健康に良いことが話題になり、近年では日本だけでなく世界中から注目を浴びています。そういった背景もあり、今食に関係する仕事は非常に需要の高い分野であることは間違いありませんね。

日本安全食料料理協会では、今注目を浴びている和食についての知識や技術を有している者を認定する和食エキスパートを始めとした、食に関する様々な資格を取得できます。食というのは全ての人にとって必要不可欠な要素であり、食習慣によって体の健康状態に大きな影響を与える点から、食の資格の価値はますます高まってきているかと思います。

日本安全食料料理協会の講座一覧

食に関する資格試験が用意されている日本安全食料料理協会ですが、先ほど紹介した和食の資格を取得できる和食エキスパート認定試験のほかに、どのような認定試験があるのか、実際に用意されている一覧を見ていきましょう。

・コーヒーソムリエ認定試験

・カフェオーナースペシャリスト認定試験

・紅茶アドバイザー認定試験

・紅茶マイスター認定試験

・ワインコンシェルジュ認定試験

・ハーブライフインストラクター認定試験

・薬膳調整師認定試験

・漢方コーディネーター認定試験

・スパイス香辛料アドバイザー認定試験

・和食エキスパート認定試験

一覧を見てみると、和食の資格以外にもコーヒーソムリエや紅茶アドバイザーなどカフェの運営や製造に関係する資格が多いのが特徴ですね。飲料に関する資格はこれからカフェを開きたい方やワインを製造したい方、詳しい知識を取得したい方にぴったりの資格ではないかと思います。飲料や和食以外にも、漢方コーディネーターや薬膳調整師といった食の中でも特に健康と密接な関係のある資格が用意されているのも特徴ですね。

また、これらの認定試験は全て自宅で受験することができるようです。通常の資格試験というと試験会場に直接足を運ばなければなりませんが、自宅での受験が可能であれば、仕事などが忙しくてまとまった時間が取れない方でも気軽に受験できて嬉しいですね。

日本安全食料料理協会の口コミと評判は?

食の資格を取得することであらゆる面で有利になることは間違いありませんが、日本安全食料料理協会の認定試験を実際に受験した方の口コミ評判が気になりますね。口コミや評判について調べてみると、認定試験を受験することでなりたい職業に一歩近づくことができたという方が多いようです。

それぞれの資格は単体でも大きなメリットがあるのはもちろんですが、マルチな活躍を考えられている方やなりたい職種の内容によっては複数の資格取得を目指す方が多いようです。どんな業種であっても、マネジメント能力や現場で動ける能力など複数の能力を持っていた方がより活躍できますし、独立や起業をする場合にはこういったマルチな能力は必須と言えるかと思います。

また、正確な知識や技術を有している事を証明するために資格を取得する方も多いようです。特に食に関しては間違って不健康な料理を出してしまっては謝罪だけで済む問題ではありませんからね。料理を提供してもらう側も、当然安心して食事がしたい訳ですから、資格がない人の料理よりも、持っている人の料理の方が安心して食べられる事は間違いありません。

これから飲食店を開こうと考えている方も、既に店を構えている方も、今後ますます注目が集まる食の世界で活躍するための一歩として、日本安全食料料理協会での資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。