鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

鉛筆デッサンマスター認定試験とは何か、その試験の魅力と概要について、気になる口コミ評判がまとめられています。

鉛筆デッサンマスター認定試験とは?

鉛筆デッサンに興味がある、鉛筆デッサンが上手になりたい、と思うなら、いくつかの基本的な事柄をしっかりと習得することが必要になります。例えば順手と呼ばれる鉛筆の持ち方をマスターする必要があります。鉛筆を人差し指、中指、親指の3本でつまむように持ちデッサンする方法です。この持ち方でスナップだけで描いたり、逆に手首を使わず腕を動かして描いたりします。また、消しゴムも大切な画材の一つにあります。消しゴムは間違ったところを消すためだけに用いるのではなく、光を描き込むための画材となります。デッサンにおいて上達したいと考える場合には、こうした基本的な事柄を理解し体得していく必要があります。

そのために役立つ方法の一つは日本デザインプランナー協会が行っている鉛筆デッサンマスター認定試験で資格を取得するという方法です。鉛筆デッサンマスター認定試験とはデッサンの理論や技術を理解し、様々な対象を描く技法をマスターした人に与えられる資格です。各種芸術関係を目指す方、デッサンを趣味に取り入れ生活を豊かにしたい方などに人気となっています。資格を取得するならカルチャースクールなどでも講師として活躍する機会も開かれることになります。ですから、この資格取得のために学ぶなら鉛筆デッサンをより楽しめるようになります。

受験方法とその概要

日本デザインプランナー協会が認定する資格を取得したいと思う場合にはインターネットを活用して日本デザインプランナー協会のホームページから申し込むことができます。入力事項は簡単なものですので誰でも簡単に申し込むことができます。受験票、試験用紙、答案用紙は自宅に送付されます。その時に代引きの形で1万円の受験料を支払います。そしてこの受験の方法の大きな魅力となっているのが在宅での受験です。在宅で受験できることには多くのメリットがあります。介護や子育てなど自宅にいなければならない状況にある方でも受験することが可能ですし、自宅なら落ち着いて過度に緊張することなく受験に集中することもできるとあってとても人気です。そして、受験日に関しても決められた期間内であれば自分の都合に合わせてその日を選ぶことができます。この点も大きな魅力の一つとなっています。

口コミ評判は?

「趣味でデッサンをしていましたが、この資格の存在を知り受験しました。試験に備えて学習を行い合格することができました。試験内容は基礎知識が多く問われデッサンの実技もありました。今後は講師としての道も考えたいと思います」

このような口コミからも資格取得を一つのきっかけとして鉛筆デッサンに関する必要なスキルについてしっかりと学ぶことができることがわかります。そしてそれを土台としてその分野においてさらに活躍することも可能になります。資格取得を一つの目標とすることは鉛筆デッサンのスキルを高める近道となります。鉛筆デッサンはすぐに始めることのできる手軽な趣味ですが、同時に奥の深いものでもあります。基礎から取り組むことによって自分のスキルを上達させデッサンを楽しみたいものです。そしてその素晴らしさを人に伝えることができるならより素敵な人生になることでしょう。