薬膳調整師 認定試験口コミ評判

薬膳調剤師とは

薬膳とは、東洋医学に基づいた漢方の観点から栄養、効果、味、香りなどの全てをとりれた食事のことを指します。

栄養バランスの取れた食事は、健康を維持するための第一歩となり、 あなたが健康を心配し、健康を改善したいのであれば、まずは「食べ物」から改善することが重要になってくるでしょう。

この「薬膳調整師」は、身体のための美味しい食事を作り、漢方や料理に関する基本的な知識を有する人に与えられた資格です。

それでは、毎日を健康に過ごそうとしている人のために人気のある資格「薬膳調剤師」の認定試験を紹介しましょう。

キャリアを高めたい人、健康を維持したい人々の間で「薬膳調整師」は人気が高まっています。

お菓子や脂っこい食べ物が好きな人やアルコールをたくさん飲む人には、必然的に「薬膳」が必要です。

また、毎日のメニューのために家族の健康を守る主婦の仕事を助けるために人気があるようです。

高齢化が進んでいる現代社会では、医薬品に関する知識がますます必要になってくると予想されています。

福祉や食品関連の仕事をしている人にも「薬膳調剤師」の資格が推奨されています。

薬膳調整師認定試験について

「薬剤調整師認定試験」は日本安全食料料理協会で受けることで手続きが簡単になります。

まず、日本安全食料料理協会のウェブサイトから審査を申し込みます。

受験票、試験問題、回答用紙は、日本安全食料料理協会より送られてきますので、サイトに記載されている試験期間内に都合のよい日を選び、選んだ日に試験を受ける必要があります。

ちなみに合格すれば、同じ方法で資格証明書を発行し、郵送で受け取ることができます。

日本安全食料料理協会は、「食べ物」に関する様々なスキルの認定試験を実施する資格を有し、その結果一定の水準以上のスキルがあることを第三者の視点から認定する機関です。

また、食品、飲料業界で積極的にスキルをアピールする役割を果たし、社会的地位を確立できる有能な人材を育成することを目指しています。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

薬膳調剤師認定試験の口コミ

薬膳調剤師認定試験は、薬膳が人気を集めていることから今注目が集まっている資格です。

自らの健康状態だけでなく、家族、身近な人、仕事に役立てるためにを取得しようとする人が増えています。

また、試験のためにどこかに行く必要がないということがメリットの1つとしてあげられており、簡単に試験を受けられることが魅力のようです。

また、薬膳に関する知識が不十分な人は、試験前に講座を受けることをお勧めします。

通信講座で取ることができるコースが準備されているので、それを使って知識の吸収を楽しんでいる間に薬膳調剤師の知識を学ぶことができます。

また、通信講座のなかには卒業課題の提出をもって資格取得となる制度も用意されていますので、気になる方はぜひ調べてみて「薬膳調剤師」の資格をさまざまな場面で役立ててみるのはいかがでしょうか?