緑茶インストラクター口コミ評判

緑茶と言ったら今では、ペットボトルがたくさん出てますよね。でも日本人なら緑茶といえば茶道!しっかりお茶を立てて飲みたいものですね。まぁそこまでしなくても、急須でお茶を淹れるときの淹れ方ぐらいは知っておきたいものですね。

最近では緑茶以外にも紅茶や中国茶に関しても淹れ方でいろんなやり方が出回っていますが、日本人ならまずは緑茶から学ぶのが良いでしょう。

緑茶インストラクターとは?

緑茶インストラクターは、日本インストラクター協会が主催している緑茶に詳しい人を認定する資格です。具体的には、緑茶の茶葉別の美味しい淹れ方や茶器の種類、チャノキの知識などが挙げられます。また緑茶を使った料理レシピなどの知識も一定水準以上有していることを認定しています。

緑茶を急須で入れて飲むという人は多いと思いますが、茶葉の種類によって入れ方を変えたり、種類ごとの最適な淹れ方を知っている人は少ないでしょう。ぜひ勉強して、この資格を取得し、ブレイクタイムにいい緑茶を飲んだり、いい緑茶の淹れ方を他の人に教える活動を一緒にしてみませんか?

緑茶インストラクターの資格を取得すればそれが実現できます。資格取得後はカルチャースクールや自宅などで講師として人に教える資格が得られるのです。

緑茶インストラクター口コミ評判は?

実際に資格を取得した人からは。「資格を取得する前は、家で緑茶を飲み時は、いつも同じ淹れ方で飲んでいましたが、茶葉の種類によって様々な淹れ方があることを知り、今では、入れる際に使う道具を一通り揃えて、茶葉の種類によっていろんなブレイクタイムを楽しんでいます。」また「緑茶に詳しくなれたので、カルチャースクールで講師として緑茶の魅力を人に伝える副業ができるようになりました。人に教えるということは、教えている人も知識の再確認ができ、より詳しくなることができるようになりました。」とう形で日本インストラクター協会の資格に関しては、教わったら、その知識を人に教えることができるようになり。副業としての進化をすることができました。

どうやったら資格取得できるの?

資格取得における勉強の仕方でオススメなのが、通信教育です。通信教育なら現在社会人として日中は勉強できない人や、子育て中でまとまった時間の取れない人でも、家でのちょっとしたスキマ時間を使って勉強することが可能です。なぜなら通信教育では、教材は全て自宅に届くので、勉強する場所や時間については全く自由です。好きな場所で好きな時間に勉強できるので、通勤中の電車の中や、寝る前の寝室で、ちょっと休憩がてら寄ったカフェなど本を一冊持って入れるところならどこでも可能です。その為、仕事中のサラリーマンや子育て中の主婦にも人気の資格の勉強方法として注目を集めています。

通信教育の中でも「諒設計アーキテクトラーニング」などの学校では、日本インストラクター協会が提携しているため、講義修了後はそのまま資格試験免除で資格を取得できるコースがあったり、短期集中型で最短2ヶ月で資格が取得できるようになるコースなども用意されています。家で勉強して、その結果が資格として履歴書などにも書けるようになるなら、やる気も出て、続けられそうですね。

また、既に緑茶関係の業界に勤めている人にとっては、この勉強自体不要とする人もいるでしょう。そういう人には、直接日本インストラクター協会の試験を受験することもできます。受験資格は特にないので、知識に自信のある人は、ぜひ一度受験してみては如何でしょうか。受験の仕方は、日本インストラクター協会のHPより申込をします。その後送られてくる問題と解答用紙を受け取り、受験料を代引で支払う。規定の5日間の間で問題を解いて解答用紙を返送する。これだけです。特別試験会場に行ったり、会社を休んで試験をする必要はありません。なので仕事をしている人にでも気軽に受けられるのです。資格を取得することで今の仕事でのスキルアップや自信にもつながること間違いありません。ぜひ興味があったら一度受けてみては如何でしょうか。