紅茶マイスター認定試験口コミ評判

紅茶マイスター認定試験とは何か、またその口コミ評判について紹介しています。

紅茶マイスター認定試験とは

イギリス人は紅茶にミルクをいれて飲みます。フリジア人は紅茶に白い氷砂糖をいれてクリームをのせて紅茶を楽しみます。モロッコ人はミントで香りをつけます。チベット人は塩とバターを加えます。紅茶の楽しみ方は様々で大変興味深いものです。紅茶に関心をもち、紅茶オーナーとして働いてみたいと考えておられる方にとても役立つ資格があります。それは紅茶マイスターという資格です。日本安全食料料理協会が行っている紅茶マイスター認定試験は、紅茶オーナーの知識と、それを実務で活用できる技能を有していることを認定する試験です。紅茶オーナーとして働きたい方や飲食関連企業で働いている方にも大変役立つ資格です。資格の取得後は講師としての活動も行うことができます。試験の内容には、マーケティングの基礎知識や戦略、開業や運営の基礎知識、商品とサービス、ティールームの企画と計画などに関する理解が問われることになります。

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会とは食品、料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定する機関です。水準がはっきりと提示されることによってその資格取得に向かって努力するよう意欲を強く持つことができます。企業や現場においても資格取得者がどれほどのスキルを持っているのかがわかりやすく人材を採用しやすいというメリットがあります。日本安全食料料理協会においては多数の認定試験を行っています。コーヒーソムリエ、紅茶アドバイザー、薬膳調整師、食用オイルソムリエなど様々な種類の資格を取得することができます。「食」に関わる仕事をされる方すべてが必見の資格となっています。

受験方法

紅茶マイスター認定試験を受験しようと思う場合には日本安全食料料理協会のホームページで申し込むことができます。画面の簡単な指示に従って入力するだけですので誰でも申し込むことができます。申込資格は特に指定されていません。受験申込を行うと自宅にまで受験票、試験問題、答案用紙が送られてきますのでその際に代引きの形で受験料を支払います。手数料や送料はかかりません。現金払いのほかクレジットカードやデビットカードでの支払いも可能です。受験料は1万円です。受験は在宅で行うことができますので、様々な背景の方が受験しやすい形態になっています。主婦の方やお忙しい方も大変受験しやすくなっています。受験日も定められた期間内であれば自分の都合の良い日を選んで受験することができます。

口コミ評判について

「退職後にカフェ経営を考えており、紅茶マイスター認定試験はためになりました。人生を変えてくれる資格だったと思います」

「経営に関する実務的な内容が多かったですが、勉強して合格することができました。これを機にティールームを開業する足がかりに出来ればと思います」

といったコメントからも紅茶マイスターの資格が今後の人生の目標やステップに寄与するものとなることがわかります。紅茶には様々な魅力がありますのでそれを引き出し多くの方に知ってもらいたいものです。そんな素敵なカフェオーナーになるためにも資格取得は大変おすすめです。