管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

日々の食事・料理に関して、栄養管理はどの程度意識してますか?栄養管理という面では国家資格の管理栄養士というのが有名ですが、これを取得するのには相当な年月と費用が必要になります。ちょっとした家庭での家事をする際の栄養面に自信を付けたい!とか、ちゃんと栄養バランスの取れた食生活を家族に送ってもらいたいなどと考えている人にとっては、国家資格はかなりハードルが高く取りづらく、そこまでの資格は必要ないと思ってしまいます。

そんなときに、手軽に取れて履歴書にも書ける資格があれば良いと思いませんか?それが管理健康栄養インストラクターなのです。

管理健康栄養インストラクターとは?

この資格は、日本インストラクター協会という団体が認定している資格で、ビタミンなどの栄養素に関する知識や腸内細菌などが身体に及ぼす働きなどの知識を一定水準以上身に付けていることが認定される資格です。この資格を取ることで、食に対する安全への配慮や知識、食品表示の見方、食品に関する理解度が証明されます。

つまり、普段何となく見ている食品表示や栄養量の表示の見方を理解し、安全な食品のみを家庭に出すための知識が身に付いていることを証明してくれるので、家族が本当に安全な食事をできていることに自信が持てるようになります。

また日本インストラクター協会の資格は、取得すると講義などを開くことができるので、人に教えるための資格としても注目を浴びています。家族の健康のため、人に教える事が好きな人が知識を増やすため如何でしょうか。

管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

この資格を取得した人からは「食品に関して表示の見方が分からないという友達がいて、わかりやすく教えてあげることができた。」や「資格取得前は、値段だけを見て食材を買っていたが、知識を身に付けてからは食品表示を見て値段以上に食材の価値をちゃんと見極めてから買い物をすることができるようになった」など家庭のちょっとしたものを向上させることができたと喜びの評判が多く聞かれました。

また「資格を取得し講師として講義を開くことで、人に何かを教える喜びを感じることができ、また人に教えることで自分の知識も成熟されるのを感じることができました。」とまさに日本インストラクター協会が勧めている目的の通りに達成感を味わってくれる人もたくさんいます。

どうやったら資格が取れるの?

この資格は、日本インストラクター協会が主催している試験を受講して合格することで資格取得となります。

ただ、いきなり試験を受けると合格はまず難しいでしょう。その為の勉強が必要です。勉強というと時間がなかったり、学校みたいなところに行かないといけなかったりで急にハードルが上がる気がしますね。でも今は通信教育というのがあります!!

通信教育(諒設計アーキテクトラーニングなど)では、最短2ヶ月で資格取得まで可能なコースだったり、受講修了と同時に資格が取得できる試験不要のコースなども用意されています。それぞれ通信教育という特性上、インターネットの環境さえあれば全て自宅に居ながらにして勉強できたり、試験を受けられたりするため、地方在住者だったり、日中は仕事で時間を作れない人にもチャレンジ可能な仕組みになっているのが特徴です。

また今既に健康管理についてある程度知識のある人は、一度試験だけを受けてみるのもいいかもしれません。「知っている」と「資格を持っている」では自信という意味で大きな違いがあります。当資格には特別な受験資格はないので、気軽に受けることが可能です。しかも受験に際しても特別な試験会場などはなく、インターネットで申込を行い、その後は全て自宅に居ながらにして試験を受けることが可能です。

具体的には、日本インストラクター協会のHPより試験も申込を行い、協会から問題用紙と解答用紙などが送られてきます。それを規定の5日間で解いて解答用紙を返送するだけなのです。従って、試験のために会社を休んだり、電車賃を使って試験会場に行くという手間が全く必要ないのです。仕事が終わった夜のちょっとした時間に問題を解いて、5日間の中で解き終わればOK。しかも受験料は問題用紙を送ってくれた配達員に代引で渡すだけなのでクレジットカード番号などを入力する手間もないのです。

ぜひ気になった方は、通信教育を受けたり、試験だけを受けたり検討してみては如何でしょうか。