空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

空間ディスプレイデザイナーのお仕事とはどのようなものか、そしてその仕事を行っていくためにどのような資格をどのように取得することができるか紹介しています。

空間デザインプレイデザイナーとは?

空間デザインプレイデザイナーという言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれません。どのような仕事でしょうか?お店やテーマパークやイベント会場などの空間を演出しデザインする仕事です。そのスペースの中に最新の商品などを魅力的に陳列したりもします。ですからその仕事のためにはデザイン力や絵を描くスキルが求められます。さらには、陳列する商品に関する最新の情報に通じているということも求められます。こうしたスキルを総合させることによって人々を魅了する空間を作り上げていくのが空間ディスプレイデザイナーのお仕事です。

日本デザインプランナー協会の空間ディスプレイデザイナー認定試験とは?

自分もデザインの仕事やクリエイティブな仕事をしたい、そのような仕事に興味があるという方も多くおられます。しかし、自分の才能や得意分野を十分に生かして空間ディスプレイデザイナーとして働くにはどうしたらよいのかわからない方もおられることでしょう。その点で日本デザインプランナー協会が行っている空間ディスプレイデザイナー認定試験を活用するのが良い方法の一つといえます。日本デザインプランナー協会は建築デザイン技術の水準の向上とスキル保持者の社会的地位を確立することを目標に資格認定制度を実施しています。その資格認定試験の一つに空間ディスプレイデザイナーの資格もありますのでこの認定試験によって資格を取得するなら、空間ディスプレイデザイナーとしての知識や技術のレベルがある一定の水準以上のものであることが証明されます。それゆえこの資格取得により空間ディスプレイに関する就職活動を有利にすすめることができます。また講師として活動することも可能になります。

受験方法

実際にこの試験を申し込みたい場合には日本デザインプランナー協会のホームページから申し込むことができます。簡単な入力事項を画面の指示に従って行います。申し込みはインターネット上で完結しますのでとても気軽に申し込むことができます。受験票や試験問題は自宅にまで送付されます。その際に配達員の方に代引きの形で受験料を支払います。試験日は認定された期間内の都合の良い日を選ぶことができます。そして自宅で試験を受けることができますので、休日を取りにくい方でも、小さな子供がいて外出できない方でも受験することができますので大変人気となっています。合格するなら認定証を発行を依頼できます。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミ評判

「2か月に一回開催されているので、もし受験に失敗した場合にも1年持たずとも再試験できるので変なプレッシャーを感じずに試験勉強が行えるので安心して勉強を行うことができました」「試験内容は高度でしたがしっかり勉強を行うことで合格することができました。知識を体系化することができ理論に基づいて説明することもできるようになり、指示をする際にも納得して作業してもらえるようになりました」といったコメントからも認定試験の評価の高さがわかります。町を彩り、人々が引き込まれるような作品や素敵な空間を創りだすという仕事は確かに魅力的な仕事の一つです。その創作意欲や自分のスキルをしっかりとした認定資格として証明しより良い仕事を行っていくという点で空間ディスプレイデザイナー認定試験はおすすめです。