福祉資格人気ランキング

福祉資格について

現代社会は福祉社会とも言われるようになり福祉関連の仕事や施設なども充実してきています。今後はさらに高齢化社会が進むと考えられる中で福祉関係の業界が伸びていくのは必要なことのようです。その中で求められるのが福祉に関して一定以上の知識や技術を持った専門家です。福祉業界はまだまだ人手不足と言われていて福祉施設などでの就職先も多いようです。
そこで就職を有利にするためにもおすすめなのが福祉に関連する資格を取得することです。福祉や保育士などの資格は日本にはたくさんあってどれを選べばいいのか迷ってしまいます。そこで今回は中でもおすすめな資格を6つ厳選してご紹介します。

1位 福祉心理カウンセラー

主催団体:日本アロマメディカル心理セラピー協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
この資格では福祉や心理学の基礎知識、ストレスから起きる症状などを理解してカウンセラーとして働くことができる能力を問います。在宅で気軽に受験できるスタイルが人気で、これから福祉について学びたい方でも受験しやすくなっています。

2位 福祉心理アドバイザー

主催団体:日本インストラクター協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70%以上の得点率
福祉心理アドバイザーは福祉に関する基礎知識や心理学の基礎、それを人に教えることができる能力が求められます。資格を取得後はカルチャースクールなどで働くことも考えられますし、現在カウンセラーとして働いている方は自分の業務に活かすことができるおすすめの資格です。

3位 介護福祉士

主催団体:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
受験資格:3年以上介護などの業務に従事していること、福祉に関する所定の教科を高校などで学んでいることなど
受験費用:13140円
受験申し込み方法:受験申込書を期間内に郵送すること
受験場所:全国各地の受験地
合格基準:お問い合わせください。
介護福祉士は国家資格です。就職や転職の際に活用できますし、介護福祉のプロとして働きたいなら取得するのがおすすめです。一方で受験のためには学校で福祉について学ぶことや実務経験が必要となりますので受験を考えるなら計画的に準備しましょう。

4位 福祉住環境コーディネーター

主催団体:東京商工会議所
受験資格:特にありません。
受験費用:1級 108000円 2級 6480円 3級 4320円
受験申し込み方法:申し込み用紙を郵送すること
受験場所:指定された会場
合格基準:お問い合わせください。
この資格では高齢者や障害者の方が自立して暮らすことができるように住環境に関してアドバイスすることができる能力が求められます。医療や福祉、そして建築に関する知識も求めら絵rますので幅広い知識を身につけることになります。

5位 社会福祉士

主催団体:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター
受験資格:4年制大学で指定された科目を終了していること、社会福祉士養成施設を卒業していること、二年生の短大を卒業し2年以上の相談援助業務を行なっていることなど
受験費用:7540円
受験申し込み方法:受験申込書を期間内に郵送すること
受験場所:全国各地の受験地
合格基準:お問い合わせください。
この資格では福祉に関しての相談や介護を依頼するための知識や能力が求められます。高齢社会が進む中でさらに需要が高まっていくと考えられる資格です。

6位 保育士

主催団体:厚生労働省
受験資格:大学に2年以上在学していること、実務経験が2年以上あることなど
受験費用:12905円
受験申し込み方法:お問い合わせください。
受験場所:全国各地の受験地
合格基準:お問い合わせください。
保育士試験も国家試験です。将来的に保育士を目指している方は受験資格を確認して計画的に準備しましょう。

まとめ

福祉関係の資格は様々なものがあります。自分が必要とするものを確認してみましょう。