福祉心理アドバイザー認定試験口コミ評判

福祉心理アドバイザーとは

福祉心理アドバイザーとは、日本インストラクター協会が心理学の基礎知識を有し、教育者として一定の能力を有する者を指します。

高齢化社会が問題視されている今日では、介護と福祉の需要が増加し、福祉心理アドバイザーとしての資格が注目されてきています。

福祉心理アドバイザーの資格を取得することによって、自分自身だけでなく家族も助けることは間違いありません。

福祉心理アドバイザーとカウンセラーの相違点として、カウンセラーが患者、被介護者、家族の相談にのる一方、福祉心理アドバイザーは福祉心理学のスキルだけでなく、教えるスキルで人々の役にたてることができます。

例えば、講師のような活動をしたい場合は、セミナーを開催するか、カルチャースクールで講師として教えることや、介護や福祉以外の幅広い分野で活躍できることを期待することもできます。

また、知識を教える立場として情報を発信することができ、福祉や心理学の概念を次世代に引き継ぐという意味で重要な資格となります。在宅受験のため試験場への訪問は不要なので安心です。

福祉心理アドバイザー認定試験について

資格試験を受験する前提条件に、原則として専門学校や大学を専攻していることが多くありますが、試験を受ける条件はない点は大きな利点といえます。

また、審査手数料は受験しやすい金額であるため、資格取得後に得られるメリットから考えると非常に価値があります。

資格を取得した後、教育者やインストラクターとして活動することができます。

診療所のカウンセラー、または講師として講演会を開くなど、幅広い活動が展開されていると口コミでも多くいわれています。

主催している日本インストラクター協会は、生活や仕事に役立つ様々な分野の認定試験を行っており、そのどれもがスキルの証明に繋がる有益な資格であることが特徴です。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミですが、試験を受験した方の評価によると「これまで以上に高齢者の考えや思考が理解できるようになった」「他の人の笑顔を見ることが楽しくなった」などの口コミが多く、心理アドバイザーとして活躍している人に役立てることができるでしょう。

また、在宅受験についてもメリットと感じている方が多く、忙しい人でも安心して試験を受けることができる点に多くの口コミがみられました。

また。受験に必要な知識を習得するための通信講座があり、最初に通信講座を受講してから試験を受けている方が多くいます。

心理学や福祉の資格は難しいと思うかもしれませんが、通信講座では分かりやすく教えてくれるし、資格を取得すれば福祉心理アドバイザーとして活躍することが期待されます ので、勉強のやりがいにつながるほか、仕事に役立てる点からもオススメします。

受験資格も特には設定されていないため、気軽に専門資格を取得できる「福祉心理アドバイザー認定試験」の試験を受験してみるのはいかがでしょうか?