盆栽資格人気ランキング

盆栽資格について

盆栽というとお年寄りの趣味だと思っている方もいるかもしれません。小さな植木鉢の中で綺麗な苗木を育てていく伝統的な日本の趣味として続けられていた盆栽ですが、最近では若い人にも徐々に人気となっています。庭のあるうちが少なくなってきている現代ではマンションのベランダでも簡単に始められる盆栽は再び注目されているのです。一口に盆栽といってもその種類は様々で苔の生え方や育て方にも個性が現れます。
盆栽づくりに興味があるけど難しそう、どうやって始めたらいいのかわからない、そんな方におすすめなのが資格を取得することです。資格取得のための勉強を通じて盆栽づくりの基礎から専門知識まで学ぶことができますしスタートするきっかけになります。また資格があれば自分の技術の証明になりますのでカルチャースクールなどで講師として働くことも考えられます。そんな盆栽に関する資格をランキング形式で3つご紹介します。

1位 盆栽クリエイター

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験費用:10000円
受験資格:特にありません。
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
盆栽クリエイターは盆栽の歴史や種類、海外での盆栽など様々な盆栽に関する知識や技術を身につけることができる資格です。初心者の方でも通信講座などでしっかりと対策することができますので取得しやすい資格です。試験は毎年6回受験期間が設けられているので在宅で落ち着いて受験していつでも自分の好きな時に受験できるのもおすすめポイントです。

2位 苔玉作りインストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
受験費用:10000円
受験資格:特にありません。
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
この資格は苔玉を作るために必要となる技術や知識を身につけていることが求められます。作成のために必要な道具やその種類、使い方などを身につけておくこと、苔玉の最適な置き場所、季節ごとの設置の仕方、肥料やお手入れの仕方などを学ぶことが必要です。この資格を取得しておけばその後カルチャースクールなどで働くことも考えられますので趣味を生かして仕事にしたい方にも好評です。

3位 盆栽士

主催団体:日本園芸協会
受験費用:51000円
受験資格:特にありません。
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅受講
合格基準:特にありません。
この資格は講座を修了することで取得できる資格です。盆栽の基本t系な知識や技術、病害虫の防除など様々な知識を身につけることができるので初心者の方も盆栽を趣味として楽しんでいる方にもおすすめです。試験ではなく講座を終了させれば誰でも取得できるようになっている資格ですので楽しんで盆栽の技術を身につけながら資格を得ることができます。在宅で受講できる講座ですから忙しい方でも安心です。

まとめ

盆栽は近年では気軽に緑に触れ合うことができる趣味として老若男女を問わず注目されています。アパートやマンションでも植木鉢で始められるので手軽でもあります。日本で昔から親しまれている盆栽の技術を身につけて楽しんでみてはいかがでしょうか。