発酵食健康アドバイザーの口コミと評判について

発酵食品についてこの言葉からみなさんは当たり前のようにどんなものかがお分かりだと思います。

発酵食品とは食材を微生物等の作用で発酵させることにより加工した食品です。

たとえば、みりん、醤油、味噌、納豆、漬物、かつお節などの日本の伝統的な食品だけじゃなく、ヨーグルト、チーズ、パン、キムチ、紅茶などもあげられます。

これらの食品は健康や美容に良いとみなさんはご存知ですね。それをうまく取り入れるにはどうしたらいいかなどを考えていくのが、今回取り上げる発酵食健康アドバイザーに関わってきます。

では具体的に今から発酵食健康アドバイザーについて説明していきます。

発酵食健康アドバイザーについて

発酵食健康アドバイザーとは発酵食品や発酵食品を使った料理などに関しての知識を有している方に承認された資格です。

発酵食品の発酵の過程に微生物や菌の働きをちゃんと知っていて、美容や健康にどのような効果があるのか、乳酸菌発酵、アルコール発酵、酢酸発酵の違いや糖化発酵、乳酸菌、酵母菌、納豆菌、麹菌のそれぞれの働きや効果なども知っていないといけません。

それから、発酵食品を使った料理や効果的な食べ合わせの方法、自分で作る発酵食の作り方、普段に生活する上で発酵食品をどのように取り入れたらいいかをアドバイスするための知識や、技術も求められます。

日常的に取り入れている発酵食品ですが、発酵食健康アドバイザーはより専門的な知識が必要だとお分かりいただけたと思います。

ではどういった人に向いているのでしょうか?

どういった人に向いているか

発酵食品の菌や微生物の働きを知り、いかに料理で効果的に摂るかで、料理研究家や料理講師には知っていて欲しいですね。体について研究している医療や美容に従事している方や、発酵食品について研究している方。

家族の健康を守ろうとする主婦や主夫にも毎日のことなのでオススメする資格です。体は食べることで作られます。それも毎日です。気にする人としない人では大きな差が出てきます。

あと飲食店に従事している方にもオススメします。メニューに今流行りの食品、たとえば塩麹などの言葉を入れるか入れないかでは集客に差が出てきますよね。ちゃんと理解した上でメニューに上げているか、流行りだけで上げるでは大違いです。

資格・試験・勉強法

発酵食健康アドバイザーは日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格するともらえる資格です。下記に概要を記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットでの申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

試験を受けるには特に資格はいりません。試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に受けることができます。受験料は一万円、申し込みはインターネットでできるので手軽に受験できますね。試験会場や交通機関を調べる必要はなく在宅で受けられるのも気軽でいいですね。

勉強法は発酵食品の名前は分かると思いますが、それについての菌や微生物などの種類や働き、料理の作り方、食べ合わせなどを覚えるのが大変です。あらかじめ用意されているテキストを何回も繰り返し覚えることが合格のいちばんの近道です。しかしながら普段から発酵食品に携わっている方は独学でチャレンジしてみてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

発酵食品の歴史は深く、昔から日本では保存手段として食されていました。日本の食文化の一つです。ただ良いから伝えられて摂っていたところもありますが、今や研究開発されて食べやすくなった商品もあります。(塩麹や醤油麹など)

世界では有名セレブやモデルたちがダイエットから和食が取り上げるようになりました。その中には味噌や醤油、鰹だしなど和食に発酵食品は切っても切れない関係です。

発酵食健康アドバイザーは資格を取得すると発酵食品の専門家として健康や美容に関して様々なアドバイスが可能になります。講師として自宅やカルチャースクールで活躍している方もおられます。

少しでも気になった方!是非チャレンジしてみてはいかがですか?
発酵食品  発酵食品