猫の健康管理インストラクターの口コミと評判について

今空前の猫ブームが巻き起こっていますが、皆さん!猫はお好きですか?

猫は自由奔放でツンデレなところが好き!!と言われる方が多いですね。そういうところが今の生活環境にピッタリマッチしていて、猫を飼う方が多いと思います。猫にもいろいろな種類があり、性格や特徴を理解した上で飼わないと飼い主も猫も幸せな生活が送れません。

今回は猫ブームのもとに必要性を感じる資格、猫の健康管理インストラクター資格についてすこし具体的に説明していきたいと思います。

猫について

猫は最初ねずみを捕獲するためにヨーロッパヤマネコが家畜化されたイエネコが始まりだとされています。

よく比べられるのが犬です。犬は猫よりも歴史が深く、従順で人間の生活で「番犬になる。」「人間に忠実で甘えてくる。」というところから犬の人気が上回っていました。そんな時、猫は外を自由に動き回り、気ままな生活を送っていました。犬は狩猟、介助、盲導、牧羊などの仕事ができるところから人気があったのですが、どちらも今はペット化が進んできて猫の性格が人気を集めています。それからSNSの投稿で猫の仕草や行動が画像や動画で広がり、写真集や猫グッズ、猫カフェ、猫の駅長さんなど猫が主役になることが多くなってきました。

猫は今や飼い主さんの癒しの対象としてなくてはならない存在です。次に猫の健康管理インストラクターについて説明していきたいと思います。

猫の健康管理インストラクターについて

猫の健康管理インストラクターは猫の種類別知識を有していることが証明されます。

たとえば、アメリカンカール、アビシニアン、エキゾチックショートヘア、エジプシャンマウオシキャット、キムリック、コーニッシュレック、サイベリアン、ジャパニーズボブテイル、シャム、シンガプーラ、スコティッシュフォールド、スフィンクス、ソマリ、ターキッシュバン、トンキニーズ、ノルウエージャンフォレストキャット、ハバナブラウン、ピクシーボブなど多数のねこの歴史や原産国、顔や目といった見た目の部分別の特徴、性格や手入れの方法、育てる環境などに関する知識を有していることが証明されます。

猫の健康管理インストラクターは好きだけじゃなく、猫について専門的な知識が必要となり資格を取得すると証明されることになります。

資格・試験・勉強法

猫の健康管理インストラクターは日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。

下記に概要を記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットで申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

受験するのに資格は必要ありません。試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されます。受験料が一万円、インターネットで申し込みできるので手軽に受験していただけますね。在宅で受験できる、試験会場や交通機関を調べなくていいなど気軽に受けられますね。

勉強法は猫の種類はたくさんあり、健康管理や原産国などその一つ一つを覚えるとなると大変なので、あらかじめ用意されているテキストを何回も繰り返し覚えることが合格のいちばんの近道です。しかしながら猫が好きで仕方がない方や、仕事で日頃から猫を見ている人は独学でチャレンジしてみてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

猫についていろいろ述べてきましたがこれだけのブームが広がっている今、もっと知りたいという方も多くなっています。世界には土地や気候によって猫にも種類や性格の違いもいろいろです。人と違う種類の猫が飼いたいと思う方もおられます。

「猫カフェに行けば、うちでは飼えない種類の猫がいて触れるだけで癒される。」

「ペットショップにいってずっと見ていても飽きない。」

「旅行に行った時に出会った猫が気になる。」

など猫との出会いがいろんなところである今、資格を持って人に説明されると安心して話を聞いていただけますね。

資格を取得し、自宅やカルチャースクールで講師として活躍している方もいらっしゃいます。

気になる方は一度チャレンジしてみてもいいですね。
猫の育て方  猫の育て方