犬・猫ペットブリーダーの口コミと評判について

犬や猫がペットとして飼われだしたのは猫よりも犬の方が早かったそうです。犬は最初番犬や狩猟、牧羊、盲導など仕事をさせるために飼われていました。猫は自由奔放でマイペースなため人には媚びずに暮らしていました。猫や犬は以前と比べると飼う意味が変わってきましたね。ペットは今や飼い主さんの癒しの存在として飼われるようになり、空前のペットブームが起こりました。

大量に繁殖を繰り返し、人道的にも愛護から見ても目を背けたくなるようなことが起こりました。そういったことが無いようにスペシャリストである犬や猫のペットブリーダーは必要になってきました。

今回は犬・猫ペットブリーダーについて少し具体的に説明していきたいと思います。

犬・猫ペットブリーダーについて

犬・猫ペットブリーダーは家庭で飼われている犬や猫の繁殖や改良について基礎的な知識、ブリーダーとしての仕事を知識として有していることが証明されます。

たとえば、ブリーダーが開業するのに必要な設計・設備・開業準備(動物取扱業)、開業費用の目安(犬や猫の仕入れ)、ブリーダーの経費と収入、宣伝や告知方法、ブリーダー業一日の流れ、ブリーダーの種類、健康管理(お手入れ方法、狂犬病、混合ワクチン接種)、交配の方法(外部委託、人工授精)、交配ビジネス、オークションの仕組み、ペットショップとの取引、個人顧客との直接売買、時期による価格変動、流行犬種による交配、ブリーダーとしての生産者責任などブリーダーとしてのビジネスに関係する知識を有していることが証明されます。

命あるものを繁殖、販売する責任を専門的な知識を持って行うことが大事ですね。

どういった人に向いているか

一番大切なことは「動物にも、人間にも、誠実向き合う。」ことです。

犬や猫は毎日餌を食べ排泄をします。繁殖や交配をする中で、ペットの面倒を見るのは当たり前のこと。それをおろそかにすると、虐待や放置、放任につながります。

ブリーダーの仕事はペットショップなど販売業者や、飼い主さんとの交流もあります、ペットに対して知識を有し説明ができないと信用がなくなります。

そういったことから誠実な人に向いています。

資格・試験・勉強法

犬・猫ペットブリーダーは日本生活環境支援協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。下記に概要を記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットでの申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

受験資格は特にございません。試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されます。受験料が一万円、インターネットで申し込みができるので手軽に受験できますね。在宅で受験できるので試験会場や交通機関を調べることも必要がなく、気軽にチャレンジできます。

勉強法は専門的な資格になりますのであらかじめ用意されているテキストを何回も繰り返し覚えることが合格の近道です。しかしながら、ペットの繁殖や交配、ブリーダーに以前から興味がある人は独学で受験されてもいいですね。いちばんはペットのこと、命あるものを取り扱うことに誠実に向き合うことです。

口コミ・評判・活躍

ペットが人の家族同然の存在になってきた今、ペットにまつわるショップや病院、アクセサリーやファッション店、トリミング等いろんな産業に発展してきました。犬は小型犬を家の中で飼い番犬から昇格?したのでしょうか。猫はカフェや本の出版などありとあらゆる分野で広がってきています。

ペットに関わる仕事はこれからもどんどん増えていくでしょう。

「毎月私は美容院いかないけど、この子には毎月何万もかけて綺麗にしてもらうねん。」と聞いたことがあります。

街中を何匹ものミニチュアダックスを連れて散歩させている人を見かけました。今やペットは一匹で飼う時代ではないです。

犬・猫ペットブリーダーは資格取得後講師として自宅やカルチャースクールで活躍できます。まだまだこの産業は伸びていきます。ブリーダーのスペシャリストとして活躍を期待しています。
ブリーダー  ブリーダー