犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

日本生活環境支援協会が認定試験を行っています。

ドッグトレーニングアドバイザーは、家庭で飼われている犬のしつけについての基礎的な知識を有しており、訓練手順もしっかり身につけていることが必要となります。資格取得後は講師活動をすることができます。こちらの魅力はなんといっても価格がリーズナブルなこと。こちらはテキスト・模擬試験・合格時の認定証・カード交付料5,000円です。テキストを読むだけでも価値があったという声もありますので、しつけの方法に悩んでいる方、気軽な気持ちで一度受検されてみてはいかがでしょうか。

2位 犬のしつけインストラクター

日本インストラクター協会が認定試験を行っています。

この資格は、犬のしつけについて非常に幅広い知識が求められます。犬種や性格にあわせたしつけはもちろん、たくさんの犬を飼っている場合や老犬の場合についての適切な飼育方法についても問われます。さらに、家庭でのしつけに限らず、動物病院やペットホテル、ドッグランでの過ごし方などのマナー面について学ぶ必要もあります。範囲はとっても幅広いですが、その分資格取得後の知識は非常に役立つものとなるでしょう。講師として活動することもできます。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

国際家庭犬ドッグトレーニング協会が認定試験を実施しています。

この資格は2級と1級があるのが特徴です。二級では、トレーニング技術や犬の行動心理について問われ、最終的におやつを用いることなく犬と人の絆を結ぶ手法を得ることを目指します。資格の取得には、講習会へ出席し添削課題を提出した後、筆記と実技に分かれた検定試験を受けます。2級に合格し、ドッグトレーナーとして2年以上の実務経験を積んだのちに、協会が認定する養成学校で1年以上のカリキュラムを修了すると1級の受験資格が得られます。かなりしっかりとした資格ですので、ドッグトレーナーを目指す人には好都合な資格です。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSAとは、日本キャリア教育技能検定協会のことで、あらゆる分野での優秀な人材教育を目指して資格検定を行っている協会です。

ドッグトリマーといってもJCSA認定マスターライセンスとJCSA認定ライセンスA級B級C級があります。まず必要になるのがマスターライセンス。約5か月の通信講座でドッグトリマーについての基礎知識を学んだあと認定試験に合格すると取得することができます。そのあとさらにレベルアップしたいひとは、実技スクーリングに参加するとその時間によってA,B,C級の受験資格が得られます。それぞれの資格を付与されるにもやはりライセンス試験に合格する必要があります。ドッグトリマーになるには、実は特別な資格は必要ないのですが、やっぱり信頼を得るにはなにか資格をもっていると心強いですよね。トリマーを目指す方にはぜひ取得してほしい資格です。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

こちらも同協会が認定試験を行う資格で、ドッグトリマーと同じようにマスターライセンス、A級B級C級があります。取得方法もドッグトレーナーとほぼ同様なため説明は省きますが、JCSAは、ペットに関する資格を多く取り扱っている協会で、書籍の発行やシンポジウムの開催、ペット業界で活躍しているきちんと信頼のおける団体です。この協会に加盟している団体はたくさんありますが、講座を受ける際にはテキストの完成度が高いという日本ケンネルカレッジがおススメです。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング