焼酎セレクトマイスターの口コミと評判について

美味しい料理には美味しい酒が不可欠!だと思いませんか?

料理によって何を選ぶかお酒もいろいろです。日本酒、ワイン、ウイスキー、ビールなど種類はいっぱいありますね。今回は焼酎と焼酎に関係する焼酎セレクトマイスターについて少し具体的に説明していきたいと思います。

焼酎について

焼酎は酒類のうちの蒸留酒の一種です。酒税法で原料や作り方の定義があり、アルコール度数は連続式蒸留しょうちゅう(焼酎甲類)で36度未満、単式蒸留しょうちゅう(本格焼酎乙類)で45度以下と定められています。

焼酎の歴史は日本で16世紀に製造され、1559年に大工の落書きが最古の文献で残っています。最近は本格的ブームが2003年に起こり、その時にさつまいもが一時期不足したりしたこともありました。

種類は米焼酎、芋焼酎、麦焼酎、黒糖焼酎、そば焼酎、栗焼酎、泡盛等があります。

連続式蒸留しょうちゅうは一般に廃糖蜜や酒粕などを原料とした発酵液をもとに、連続式蒸留器で蒸留し高濃度エタノールを生成し、水を加えたものです。低コストで大量生産に向いているのでチューハイやリキュールの材料、カクテルにも使われています。

単式蒸留しょうちゅうは米や麦を原料とし、単式蒸留器で蒸留して作ります。基本的に一回のみの蒸留になるので、原料の風味や旨みが生きてそれが魅力になっています。

焼酎セレクトマイスターとは

焼酎セレクトマイスターとは焼酎の歴史や製造方法、原材料の芋、米、麦、蕎麦などに関する正しい知識を持っている方に認定される資格です。各土地の気候や風土、文化に合わせた焼酎作りの手法の違いや特徴に関する違いも理解しているかどうかも必要になってきます。焼酎の味や特徴、飲む人の好みに合わせた、水割り、お湯割り、ロック、ソーダ割りなど飲み方に関して正しい知識を持っているか、焼酎のおいしい飲み方を知っているかなどを証明する資格です。

焼酎セレクトマイスターは飲食関係の方、お酒を取り扱う関係の仕事の方、お酒が好きな方、焼酎が好きな方などにオススメの資格です。

資格・試験・勉強法

焼酎セレクトマイスターは日本安全食料料理協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。

試験概要を以下に記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットからの申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

試験は二ヶ月に一回、年に6回偶数月に実施されます。受験資格は特にありません。受験料一万円、インターネットで申し込みができるので手軽に受験ができますね。試験も家で受けられるので、試験会場はどこかとか、交通機関のことも考えなくていいので気軽に受験ができますよ。

勉強法はお好きな人なら独学でチャレンジしてみてもいいですね。ただ、いちばんの近道はあらかじめ用意されているテキストを何度も繰り返して覚えるほうがいいですよ。仕事をしながらの受験は時間がないのと、資料を集めるのにも大変です。

口コミ・評判・活躍

2000年代に爆発的に人気が出た焼酎。人が集まるとビールと一緒に必ず焼酎は並ぶようになりました。焼酎は種類も豊富で、飲み比べるのも楽しみの一つです。原料の違いや、ところによっても味が変わってくるところから、酒の一つとして根強い人気があります。

現代の若者の間で酒の種類や飲み方が変わりつつある昨今、この焼酎セレクトマイスターの活躍は講座開設や飲食店での活躍以外にSNSでのツイッター、インスタ、フェイスブック、ブログなどでももうすでに広がってきています。資格を取得することによって、より信頼感が持てるようになり、「いいね」やフォロワーの獲得にもつながります。

夫婦や友達と料理とともに焼酎を楽しんだり、旅行に行ってその土地の焼酎にめぐり逢えたり、そうすることでどれだけ素敵な旅になることでしょう。

知ることは人生を豊かにしてくれます。あなたも一度チャレンジしてみてはいかがですか?
焼酎  焼酎