焼酎セレクトアドバイザーの口コミと評判について

おいしい料理にはおいしいお酒があると、より楽しい時間を過ごすことができますね。

今回はおいしい焼酎を選んでおいしい飲み方をオススメする、焼酎セレクトアドバイザーについて、少し具体的に説明していきたいと思います。

焼酎とは

焼酎とは酒類のうちの蒸留酒の一種になります。酒税法に原料、製法等の定義がありアルコール度数は連続式蒸留しょうちゅうで36度未満、単式蒸留しょうちゅう(本格焼酎)で45度以下と定められています。日本の国では連続式蒸留しょうちゅう(旧甲類)と単式蒸留しょうちゅう(旧乙類)に分けられています。

焼酎は日本では16世紀から製造されて、1559年に大工の落書きが最古の文献として残されています。

種類には米焼酎、麦焼酎、芋焼酎、黒糖焼酎、そば焼酎、栗焼酎、泡盛などがあります。

連続式蒸留焼酎は一般的に廃糖蜜や酒粕などの原料とした発酵液をもとに、連続式蒸留器で蒸留して高純度エタノールを生成し、これに加水したものです。低コストで大量生産ができるので、大手企業で量産ができるので販売シェアが広いです。たとえば、チューハイのベース、リキュールの材料、カクテル作りに使われて、若い人には馴染みの深いものになります。

単式蒸留焼酎は米・麦などを原料とし、単式蒸留器で蒸留して作る焼酎です。基本的に一回のみの蒸留になるため、原料本来の風味や旨み成分が生きているのが特徴になります。

焼酎セレクトアドバイザーについて

今までは焼酎について簡単に説明していきましたが、これからは焼酎セレクトアドバイザーについて説明していきたいと思います。

焼酎セレクトアドバイザーは焼酎の特徴や製法などに関する知識だけじゃなく、選定方法、飲み方、グラスの選び方、焼酎に合わせた料理の選び方など様々な知識を有し、かつアドバイスできる知識を有した方に認定される資格です。日々の生活に深く関わる料理に合わせた焼酎選びや、原材料の味や風味に合わせての飲み方、焼酎を楽しむためのおもてなしや雰囲気作り、焼酎を使ったオリジナルのチューハイなどを作る知識の有していることが必要になります。

お酒が好きな方には嬉しい資格ですね。

資格・試験・勉強法

焼酎セレクトアドバイザーは日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。試験概要を下記に記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットで申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されます。受験料が一万円で、インターネットで申し込みができるので気軽に受験できますね。試験は在宅で受けられるので、試験会場や交通機関を調べる必要がないです。

勉強法は興味のある方はもうすでに知っていることが多いと思いますが、当たり前のことが抜けて、知らないことが出てくるとも限りません。あらかじめ用意されているテキストを何度も繰り返し覚えることがいちばんの近道です。しかし、自信のある方は独学でチャレンジしてみてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

今焼酎だけじゃなく、お酒も作り方や原材料の開発がメーカー、酒造蔵などで行われています。焼酎の歴史は16世紀に初めて製造されましたが、2003年にようやくブームが巻き起こりました。その当時、原材料のサツマイモが一時期不足したこともありました。今はそのブームを引き継いで、缶チューハイや焼酎そのものを楽しみたいという方も増えてきています。駅の近くには立ち飲みバーが並び、若者や女性が店に入りやすい雰囲気を作っています。

焼酎セレクトアドバイザーは資格取得後、自宅でサロンを開いたり、講座を開いたり、資格が有効に活用できます。あと飲食店経営には焼酎にあう料理メニュー作りやバーの経営にも活用できます。

スマホやパソコンでのSNSでは、インスタやツイッター、フェイスブック、ブログなどを利用した焼酎セレクトアドバイザーとしてのアップは、「いいね」やフォロワーの獲得に繋がります。そこから仕事の依頼があることも現実にあります。

趣味でグルメ旅に焼酎を巡る旅など楽しむ方法を知っていると、実りの多い旅になるでしょう。

ぜひこの機会にチャレンジしてみてもいいですね。
焼酎  焼酎