漢方薬膳資格人気ランキング

漢方薬膳資格について

漢方や薬膳は東洋に古代から伝わる医学知識の一つです。体の巡りを良くするための薬草や香草を活用して体の中から調子を整えていくことを目標にしています。予防医学の一種であり、近年また注目を浴びつつあります。漢方は薬というイメージですが、薬膳は漢方を日常の食生活に活かすことが目的となっている調理方法であり、漢方を取り入れやすくなっています。薬膳料理を作ることができれば健康的な生活を維持するのに大いに役立ちます。
漢方や薬膳を正しく理解するためにはきちんと資格を取得しておくのがおすすめです。今回は漢方や薬膳に関する資格をおすすめのランキングで6つご紹介します。それぞれに特徴のある資格ですので自分に合ったものを選んでみてください。資格を取得すれば将来的には仕事に活かすことも考えられます。

1位 薬膳調整師

主催団体:日本安全食料料理協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
薬膳の基礎知識や一定の理解、漢方の知識などを身につけている方が取得できる資格です。在宅で気軽に受験できるので薬膳について知りたいという方は気軽に挑戦できるのが魅力の資格です。

2位 漢方コーディネーター

主催団体:日本安全食料料理協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
漢方や漢方薬に関しての基本的な知識やそれを利用した活用方法、漢方への理解などが一定以上であることを証明するための資格です。漢方の歴史や使い方、考え方など漢方の様々な知識を身につけることができます。

3位 薬膳マイスター

主催団体:一般社団法人 国際薬膳食育学会
受験資格:特にありません。
受験費用:34000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:特にありません。
この資格は通信講座を受講して、添削を受けることで取得できます。薬膳や漢方に関する知識を楽しく学びながら取得できるのが魅力です。

4位 薬膳漢方マイスター

主催団体:一般社団法人 日本能力教育促進協会
受験資格:特にありません。
受験費用:360000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:特にありません。
この資格も講座を受講することで取得できます。しっかりと漢方や薬膳について学んでおくことで日々の食卓に活かすことができるので主婦の方にもおすすめです。

5位 薬膳アドバイザー

主催団体:日本中医食養学会
受験資格:特にありません。
受験費用:37000円
受験申し込み方法:お問い合わせください。
受験場所:お問い合わせください。
合格基準:特にありません。
この資格は教育機関で指定のカリキュラムを40時間以上履修していることが求められます。薬膳の初級知識を身につけていることの証明になる資格です。

6位 薬膳コーディネーター

主催団体:本草薬膳学院
受験資格:特にありません。
受験費用:44000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:60パーセント以上の得点率
この資格は通信校zを受講して添削課題を行い、最終試験に合格することで取得できます。わかりやすいテキストで楽しく学ぶことができるのがおすすめポイントです。

まとめ

薬膳や漢方は日本人に古くから活用されています。自分自身で学んでおくことで自分だけでなく周りの人の体調や健康にも気を使うことができるのがおすすめです。