漢方コーディネーター認定試験口コミ評判

漢方コーディネーターとは

漢方コーディネーターの資格とは日本安全食料料理協会が主催する資格です。

最近では健康ブームもあり、一般的となりつつある西洋医学から漢方をのような東洋医学による健康維持を考える人が非常に多く、 漢方コーディネーターでは、このような健康ブームとも呼ばれるこの時代に適した資格なんですよ。

漢方コーディネーターは、漢方の知識を持つ専門家として、人それぞれの症状や体調に合わせて薬草の組み合わて提供するスキルを持つことを証明します。

また、漢方コーディネーターは、ダイエットや生活環境に広く気を配りたいという思いから、日常の食事から病気の予防、健康の改善につながる生活の提案などを行います。

「疲れやすい」「食欲がない」「やる気が起こらない」などの未病といわれる身体の不調を感じている人の話を聞き、注意深く観察することで心身の状態を整える役割を担います。

漢方コーディネーター認定試験について

漢方コーディネーター認定試験は、漢方薬や薬草の知識をスキルを持ち、漢方独自の診断方法について理解していることを認定します。

伝統的な東洋医学に関連する歴史、思考、診断方法などの知識を必要とする試験を合格することにより専門家として客観的な視点から認められます。

伝統的な東洋医学に興味のある人、身近な人の身体と健康を懸念している人、伝統的な東洋医学の知識を医療に取り入れる人、家族の健康を守っている主婦たちなど多くの方に役立てることができるでしょう。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

漢方コーディネーター認定試験の口コミ評判について

実際に試験に参加した人の口コミを紹介します。

「以前から漢方に興味があり受講しました。勉強していくうちに資格も取得し、家族や友人たちの健康に気を使い、アドバイスできるようになりました」

「薬剤師免許を持っていたのですが、漢方に興味があり受験しました。今後は、漢方の調合や販売業務に携わっていきたいと思っています」

「喉を患い、飲んでいた抗生物質の副作用で内臓までおかしくなり、また違う薬を飲むという悪循環を繰り返している時、漢方薬を紹介され服用したところ、だんだん良くなり薬をやめ漢方だけにして治すことができました。これはすごいと思い、早速勉強し資格を取得しました。今では、私のアドバイスで家族はほとんど薬を飲まず、友達も多くは薬断ちをして漢方を服用しています。周りのみんなも健康になれて本当に良かったです」

上記のような口コミが見受けられました。漢方コーディネーターとして、多くの方が漢方の効能を実感し、それを役立てていることができるようです。

また、資格取得により自信に繋がったり、仕事の中で役立てることが出来ているようです。

漢方コーディネータの資格取得により、自分自身の健康や周りの大切な人の健康だけでなく、より広く多くの人のために漢方の効能を役立てることができるでしょう。

ぜひ資格取得にチャレンジして多くの方に役立てるのはいかがでしょうか?