温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

温泉旅行に行くときに、何を見て目的地を決めますか?

観光地としての魅力や、家からの距離などもあるでしょうけど、やはり温泉地に行くとなると一番はその温泉の効能や泉質ですね。アンチエイジング目的で温泉に行きたければ、そういう効能の温泉に行きますし、腰痛などの持病がある方には、腰痛に効く温泉に行きますし。美肌効果を期待して温泉に行きたいのであればそれなりの効能のある温泉に行きますね。 でもそれらは、いざ行こうとして調べても、中々効能まで分からず、とりあえず温泉に行ってみてからのお楽しみになっていることがありませんか?

そんな時温泉観光アドバイザーがいたら、「この近くの温泉はどこどこにありますよ」。とか「あそこの温泉地にはこんな歴史があって、観光にもピッタリです。」などとすぐに分かって、外れ知らずの温泉旅行が楽しめるでしょう。

温泉観光アドバイザーとは?

温泉観光アドバイザーとは、温泉に関するあらゆることを一定水準以上のレベルで知識として身に付けていることを日本生活環境支援協会が認定している資格です。

温泉の知識とは、温泉の効能や水質はもちろんのこと、特徴やその周辺の観光地の情報、歴史など、多岐に渡ります。それらについて日本全国の温泉地を勉強し、資格を取ることで貴方も温泉観光のプロとして活躍出来るようになるのです。実際に資格を取得すると、カルチャースクールなどで講師として温泉観光の知識を人に教える事も出来るようになります。

温泉に関して詳しくなる事で、あなたのちょっとした休日の過ごし方が有意義なものに一変する事でしょう。より今のあなたに適した温泉地で休息を取り、次の日からの仕事に役立てられるのですからね。

また、人に教えると言うことは、そこから新たな発見を見出し、自分で勉強した時より知識を掘り下げて学び直す良い機会になるので、講師活動は是非やってみると良いでしょう。

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判は?

口コミを見ると、「温泉に行って効能は何となく見ますが意味をちゃんと理解していなく、何となく身体に良いと思ってましたが、実際に勉強して、改めて効能を読むと、その違いを理解できて効果が倍増しました。知らないことによって損してることがこんなにあるのかとビックリしました。」や、「温泉について観光地も含めて勉強できて、休日が楽しみになりました。また、人に講師として教えることが出来るので、自分に自信をつけることにもつながり、毎日が凄く充実しています。」など、良い評判を多く聞けました。

温泉観光アドバイザーになるためには?

温泉観光について詳しくなるためには、それなりの勉強が必要になります。ただ、普段は仕事をしていたり、家事をしていて、中々新たな時間を作って学校に通うのが難しい人も多いと思います。でも大丈夫です。勉強方法としては通信教育と言う方法があります。

通信教育であれば勉強する場所や時間を選ばずに、ちょっとしたスキマ時間に好きな場所で勉強することができます。

例えば仕事で忙しいビジネスマンであれば、仕事終わりの夜遅くに家で勉強したり、通勤中の電車の中で参考書を読んで勉強したり出来るのです。また家で子育て中の主婦であれば、子供が寝ている昼間や夜に、子供の横で勉強することが可能です。これであれば、今ある環境への影響は最小限で新しいことを始める事も容易に出来ますよね。

また、既に観光や温泉関係の仕事に就いていて勉強は不要と言う方であれば、直接試験を受ける事も出来ます。そのときは、日本生活環境支援協会のHPから受験の申し込みをして、自宅に届く問題用紙と解答用紙を確認の上、規定の5日間で問題を解き、解答用紙を返送すれば良いだけです。受験と言ってもそれだけです。受験資格は特にありませんので、誰でも挑戦することができます。

勉強してからでも、取り敢えず試験だけと言う人でも、気軽に受けられて周りに教えられる資格なので是非受けて見てはいかがでしょう。