洋食資格人気ランキング

みんな大好きな洋食とその資格試験

先日、台湾にて新たにオープンした日本のラーメンのお店が話題になりましたが、日本から生まれ発展した料理が世界中で楽しまれているのと同じように、洋食もまた日本では無くてはならないジャンルの一つとなっています。
ハンバーグやオムライスなど、たくさんの洋食が日本では日頃から親しまれ、その材料やレシピなども充実していて、レストランだけではなく、自ら洋食を作る事が可能であるのも当たり前です。
今回ご紹介したいのはそんな洋食に関する知識をさらに深め、日々の生活に彩や変化を与えてくれるようなそんな資格です。
実際の調理に関する事を学ぶことの出来る資格では、今まで自炊にはなかなか手をつける機会のなかった方も、自分で作ったハンバーグがプロ顔負けの味だったら絶対に嬉くて料理をするのがもっと好きになると思います。
今、料理をするのが大好きな方はさらに本格的な知識を学ぶことによりさらに楽しく、色々な人に食べてもらいたいと思うかもしれません。
実際、これらの資格を取得し、飲食関係の職業に転職した方や、自らレストランを開いたなんて方もいらっしゃいます。
また、他にも洋食の魅力を引き出すために調理だけではなく、メディアの現場での洋食の知識から、おもてなしに大切なマナーへの知識を様々な角度から学習することの出来る資格もあり、そんな日々の素敵な知識を楽しく学ぶことのできる洋食の資格をランキング形式でご紹介したいと思います。

4位 フードスタイリスト

日本フードライセンス国際協会より認定される資格がこのフードスタイリストです。
食材に関する盛り付け方、器の知識、そして料理や食材をおいしそうに撮影するための技術は文字通りフードのスタイリストとして、この資格でしか学ぶことの出来ない専門的な知識を学ぶことが出来ます。

3位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

日本ホテル・レストランサービス技能協会が認定する資格がこの西洋料理テーブルマナー講師認定試験です。
あまり馴染みのなく、少々難解な西洋料理に関するテーブルマナーについて深く学ぶことがが可能であり、その資格取得後の活躍の場は、同協会にあるように、ホテルやレストランの場ではもちろんのこと大切なお客様のおもてなしの場においても必須であるテーブルマナーを身に付けることが出来ます。

2位 健康西洋料理インストラクター

日本インストラクター協会の認定する健康西洋料理インストラクターでは、更に実践的で実際の調理の方法や肉や魚、チーズやハーブなど素材についての知識も学ぶことが出来ます。
さらに様々なレシピをマスターすることができ、オムライスやハンバーグはもちろんのこと、少々難しいグラタンやビーフシチューの作り方に関しても学ぶことが出来ます。
実際に自分で楽しむことが出来るのはもちろんのこと、家族や大切な人にしっかりとした技術に裏付けされた料理を食べさせてあげることも出来ますの大変喜ばれる資格ということで人気の資格になっています。

1位 洋食エキスパート

そして、洋食関連の資格で最も人気なのは日本安全食料料理協会の認定するこの洋食エキスパートです。
洋食エキスパートの学習する洋食に関する分野はとても幅広く、日本における洋食の歴史から道具や調味料の正しい扱い方、ソースの作り方や下準備の段階での心掛けから実際に調理を行う上でのレシピや注意点まで、その基礎的な部分から料理の完成までをまんべんなく学ぶことが可能です。
その多岐にわたる知識は多くの目的の方に必要とされていて、自宅で洋食を楽しむのはもちろんのこと、自分でレストランを開業したいという目的の方や、将来飲食関係に勤めたいと思っている方々まで幅広くこの資格は支持されています。

最後に

今回、洋食に関する様々な資格についてご紹介させていただきました。
食とはつまり日々の楽しみであり、明日も頑張るための活力のようなものだと思います。
このような資格試験を機会に、いろいろな方向からさらに洋食を楽しんでいっていただければ幸いに思います。
洋食  洋食