日本茶・お茶資格人気ランキング

1位 日本茶セレクター

日本茶セレクターとは、日本茶の基本的な知識を有していることを証明する資格です。日本安全食料料理協会が認定試験を行っています。

日本茶の種類や歴史はもちろん、茶摘みの時期や日本茶の製法、さらに値段の相場はいくらかといった知識についても問われます。この資格をもっていると、種類によってその日本茶にあわせたおいしい淹れ方や楽しみ方をしっているプロフェッショナルという証明になり、講師活動をすることができます。すでに人に教える機会が多い人にもステップアップとしておススメしたい資格です。また、日本茶がすきなあなた、勉強をしていく過程でさらに日本茶のことが好きになれること間違いなしです。一度受験されてみてはどうでしょうか?

2位 緑茶インストラクター

日本インストラクター協会が認定試験を行っています。

この資格は、1位の日本茶セレクターと比べるとかなり幅広くいろいろなものについて学ぶ必要があります。茶葉別のおいしい淹れ方についてももちろん出るのですが、加えて日本茶の普及に貢献した偉人についてや茶道具について、さらに日本茶を使ったレシピについての知識も問われるのです。その範囲の幅広さから確かに苦労はしますが、その分見返りが大きく、講師ができる資格として非常に高評価を得ています。日本茶の中でも、さらに緑茶に特化しているというのも人気のポイントのようです。

「お茶を楽しむ」という目的に絞られている日本茶関連の資格が多い中で、偉人やレシピ、茶道具についてとこれほどいっそう踏み込んだ内容になっている資格はほかにありません!

3位 日本茶アドバイザー

NPO法人日本茶インストラクター協会が認定試験を行っています。

この資格の取得者は、販売店での消費者への指導、助言、日本茶教室でのアシスタント、茶関連イベントでの案内役などで活躍しています。本格的にお茶関係の仕事に直結するというよりかは、そこに向かうステップに近い資格です。協会が定める養成スクールに通うか、協会が認定した通信講座を受けるかしたのちに試験を受けます。4位の日本茶インストラクターの初級編のようなものなので、同協会が指定する日本茶インストラクター養成講座を修了すると試験を受けることなく申請するだけで資格が得られます。将来日本茶インストラクターの資格も得たいというひとにはこの取得方法がおススメです。

ただ、NPO法人が主催する資格でさらに基本レベルのものとなりますので、資格自体のメリットはそれほど多いとは言えないでしょう。

4位 日本茶インストラクター

こちらもNPO法人日本茶インストラクター協会が認定試験を行っています。

日本茶アドバイザーの上級版という感じです。日本茶に関する豊かな知識を有し、さらに指導することができるという証明になる資格です。資格取得後は、日本茶のプロとして日本茶アドバイザーに比べるとその活動はかなり本格的になります。

資格取得には、協会が指定した通信講座を受講することが推奨されています。この資格の大きな特徴は実技試験があること。一次の筆記試験にパスすると、その合格者だけが二次の実技試験にすすむことができます。また、合格率も35パーセント程度と決して高くはなく、かなり手ごたえのある内容となっています。日本茶アドバイザーの資格を取得してレベルアップしたい方にももちろんおススメですが、こちらを持っていなくてもいきなり日本茶インストラクターの資格に挑戦することも可能です。日本茶は全く素人だけど勉強していくうちに魅力にはまったという方もおられますので、興味のわいた方はぜひ一度受験を目指してみてはいかがでしょうか?

5位 日本茶スペシャリスト

日本能力教育促進協会が認定試験を行っています。

こちらの資格では、日本茶についての製造工程、分類、おいしい淹れ方についての知識が問われます。「日本茶をとことん楽しめるプロ」、それが日本茶スペシャリストです。

協会が指定する通信講座を受講したのち、試験を受けますが、通信講座の費用の中に検定費用や認定証の発行費用まですでに含まれています。この資格をもっていれば講師活動も可能ではありますが、ほかの資格に比べかなり手軽なものとなっています。全くの初心者からはじめても、一か月ほどで取得が可能です。一か月ならできそうかもと思ったあなた、一度気軽に講座を受けてみてはいかがでしょうか。