日本茶セレクター認定試験口コミ評判

日本茶と言うと、玉露や番茶、ほうじ茶などたくさんの種類がありますが、今はどれもペットボトルで気軽に買えるようになっていますね。ですが日本茶は本来淹れ立てが美味しい飲み物なので、できれば自分で淹れて飲めるようになりたいですね。

日本茶の淹れ方は、茶葉の種類は時期、摘み方によって様々なものです。本当に全てをできるようにするのは、茶道を極めるということになりとても大変です。なのでまずは知識として知り、機会があれば実践する程度にしておいた方がとっつきやすいかもしれませんね。

そこで知識として日本茶の様々なことを知るために、今たくさんの通信教育が出ています。ただ勉強するだけでは、目標がなくモチベーションも上がらないってものです。そこで日本茶セレクターという資格を取得することを目標に勉強してみては如何でしょうか。

日本茶セレクターとは?

日本茶セレクターは、日本安全食料料理協会が認定している日本茶について様々な知識を有している人に贈られる認定資格です。日本茶の知識としては、日本茶の歴史から、茶葉の種類(初摘み新茶や八十八夜新茶など)、日本茶の栽培方法から収穫方法などあらゆる知識について問われます。

この資格を持っていると、自宅やカルチャースクールでの講師としての活動ができるようになるので、今後手に職を就けたい人の最初の一歩として注目の資格です。

日本茶セレクター認定試験口コミ評判は?

日本茶セレクターの資格を取得した人たちからは、「日本茶の勉強を通じて、日本の文化や気配り、おもてなしなどの精神を学べてとても良かったです。今後外国人と触れ合う機会も増えると思うので、ドンドン講師としてこの精神を拡めていきたいです。」とか「今までペットボトルでしか日本茶を飲んでこなかったのですが、自分で淹れられるようになってから日本茶の味が変わりました。ペットボトルも美味しいですが自分で淹れた日本茶の方がその過程も楽しめるし、自分で淹れたという思いも入ってとても美味しく感じられました。来客時にも自分で淹れたお茶を出すことで、話のネタが増えて会話がスムーズにできるようになりました。」など教える楽しさや日本茶の本来の美味しさを実感できると高評価を頂いています。

どうやって勉強するの?

日本茶を勉強しようとすると、茶道家に教わりに行くとか、都内でやっているような講習会に参加することが一般的ですが、それでは普段会社に勤めていたり、子育てで家から出れない人には難しいですね。そこで勉強方法としては、通信教育をお勧めします。

通信教育であれば、全てのことを家で行うことができたり、通勤中の電車の中でできたりするので、わざわざ勉強のために会社を休んだり、遠くの講習会場まで足を運んだりしなくていいのです。通信教育としては、例えば「諒設計アーキテクトラーニング」というものや「SARA」という学校があります。これらは、日本安全食料料理協会と提携しているため、コースによっては、勉強をするだけで試験を免除できて資格が取得できるものもあったり、最短2ヶ月で勉強できるものもあります。これなら、思い立った時にすぐ始めてもそのシーズン中に技術をマスターして新しいことに挑戦できると思いませんか。これが一年も勉強しなければならないとなると、途中で挫折したり、別件で忙しくてそれどころではなくなってしまう可能性もあります。短い時間で自分の好きなことをしっかり学べる通信教育は私のオススメの勉強方法です。

また既にある程度の知識を持っている人(日本茶カフェで働いている人等)は、職場でのスキルアップのために資格の受験だけをすることもできます。受験資格は特にないので、誰にでも受けることはできますが、全くの素人ではさすがに合格するのは難しいでしょう。またこれも通信教育と同様に全て自宅で完結するのです。受験希望者は、当協会のホームページより受験申込を行い、自宅に届く問題に回答して解答用紙を返送するだけでいいのです。特別時間を設けたり、試験会場に行く手間は全くありません。家に居ながらにしてスキルアップができる試験は業界の中でも人気の資格となっています。