数字占いアドバイザー認定試験口コミ評判

数字占いアドバイザーとは、古くからある数秘術と呼ばれる、特殊な占い方法を人に伝授可能な知識と経験を有していることを証明する、資格認定試験です。数秘術とは、数字に隠された序列の意味や、数の持つ神秘的な運命、氏名、才能やその業について、人の人生やこれからの未来を占う秘術です。数字の1から9までの0を除いたものを、ルートナンバーと呼び、例えば9なら終末や寛大、寛容、完全性などを表します。1なら独立や革新と判断されます。

これら数字を人の運命に示す場合は、誕生日、何かの記念日や式やセレモニーの期日の吉兆、あるいはスケジュールなどで役立てることが出来るでしょう。それはまるで数字の「風水」のような、伝統的なスピリチュアルでありながら、数字を使った簡単な式で求める非常に変わった占い方法です。数学占いアドバイザーとはこうした技術と知識を裏付ける資格として、占星術やタロットカードなどの知識を合わせれば、占い師として独立も可能となるかもしれません。そこまでにならくても、友人や知人にちょっとした占いを披露できるので、その意味でも資格認定試験を受験してみることは、知見を広げるのに役立ちます。

日本インストラクター協会とは

日本インストラクター協会は、自分以外の他人に資格所有者が、その知識や経験を活かすための一定の水準以上であることを証明する資格認定試験を、数多く実施しています。多彩な分野の認定試験を通じて、企業やその職場など社会に貢献できる人材を輩出するのがその目的です。また個人の才能や知識などの客観的な評価基準を提供し、各業界やその分野で要求される基本的な理解を用途や目的に応じて、その有効性を確かめることが出来ます。

試験を受けるには

数学占いアドバイザー認定試験を受けには、古代の西洋史に登場する、非常に歴史と伝統がある数秘術について多くを学ぶ必要があります。数秘術とは、西洋占星術や易学と並ぶ、数字と数式を応用した占い術です。その秘術は古代エジプトやローマで実際に行われていた文献が世界に残されています。ピタゴラス式とカバラなどの技法があり、数秘学などの別名も使われる場合があります。これらの基礎から実践までの知識を、認定試験までに学んで、受験準備をしておく必要があるでしょう。またこの数字占いアドバイザー自体が、占いの世界では今では貴重な存在なので、受験は価値あるものとして注目に値しますね。

合格するには

数学占いアドバイザー認定試験に合格するためには、試験は筆記試験なので独学か、占い師の指導を仰ぐ必要があるかもしれません。数秘学については書籍も少ないですが、西洋占星術としては何世紀もの長い歴史があるので、独学でも懸命に書籍を探せば、より詳しく学ぶことが可能です。最近では数波と呼ばれる、言葉を「波動」として、その意味から運命や将来を予測する技法にも応用されています。一度会得、体得すればそれほど難しくない占い方法なので、技術の暗記さえ十分なら合格率は高いです。

認定試験に向かって

独学が難しい場合は、インターネットでも今は数多い文献やセミナー、あるいは実際に占い師に弟子入りしても良いかもしれません。また占星術などでも、一部使われる技法なので、占いの専門書などを探して、一定期間勉強を行って受験すると良いでしょう。試験は筆記試験なので、経験自体はそれほど重要視されません。比較的手軽に自宅で受験できます。
原則、まずは知識の蓄積が重要なので、書籍や実際に活躍する占い師から伝授されても、試験勉強には役立ちます。

合格後の活躍

数字占いアドバイザーの資格所得後は、実際に自分の将来や運命を占ったり、身近な人の占いなど、手軽な方法で実践するのにも非常に役立ちます。また合わせてタロットカードや占星術など、他の占い技術を有していれば、独自に占い師として、独立も夢ではありません。この数学占いアドバイザーは、技術や知識を他人に伝授できるだけでなく、資格を持って実際に職業とした場合も有益であると言えるでしょう。
数秘術資格  数秘術資格