手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

ハンドメイドの作品がネット上でもお店でも注目されています。ハンドメイドの作品は普通に工場で作られる商品とは異なり、作り手の愛情と温もりを感じさせます。そして、唯一無二の世界でただ一つだけの作品を入手できるということも人気の理由となっています。作り手の感性や個性やデザインが大量生産で生み出される商品にはない独特の風合いや魅力を持たせているのです。手芸もハンドメイド作品の一つで大変人気があります。自分で手芸作品を作り副業をしたいと考えている人も多くいますし、自分で作って楽しみたいという方もおられます。しかし、その技能や知識が限られているために諦めてしまわれる方もおられます。ですから、そうした方々に実際的なアドバイスや知識を分け与えることができる手芸アドバイザーの果たす役割は今とても大きなものとなっています。手芸の経験を持ちその技術を持つ方は多くおられますが、その隠れた才能を資格として認定してもらうことによって活躍の場は大きく広がることになります。それで手芸アドバイザー認定試験に関する概要やその資格認定試験のクチコミをまとめてみましたので参考にされてください。

手芸アドバイザー認定試験とはどのようなもの?

手芸アドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会が行っています。日本生活環境支援協会とは生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものとなっています。資格を取得することによって自分が基準にかなったスキルを持っていることを証明することができますし、企業や現場が人材を採用するときにも資格保持者であることがわかれば採用しやすくなります。手芸アドバイザー認定試験はクラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識や技術を理解していることを認定する資格です。クラフトは老若男女の皆さんが楽しめる趣味となりますし、それが仕事となる場合もあります。認定試験に合格することによってアドバイザーや講師としての活動を行うことができますし、自分の作品作りに磨きをかけることができます。

受験の方法

受験をしてみたいけど忙しいという方や受験の申し込みが面倒くさそうだと考えている人もおられるかもしれません。でも、心配はいりません。日本生活環境支援協会が行っている受験の申し込みはいたって簡単です。インターネットでこの協会のサイトを開き簡単な必要事項を入力するだけです。試験用紙や受験票などは自宅に送付されます。それを受け取る時に代引きで受験料1万円を支払います。受験そのものは決められて期間内のいつでも自分の好きな日を選び受験することができます。しかも自宅で受験することができますので忙しい方や家から外出がなかなかできない状況にある方々も心配なく受験することができますので大変おすすめな資格取得方法です。

手芸アドバイザー認定試験口コミ評判について

「最初は趣味で行っていましたが、だんだん手芸の世界にのめり込みました。資格を取得したことで多くの方に作成方法を教えていければと思います」といったコメントをはじめとして良い口コミ評判となっています。こうした口コミが示すとおり資格取得のための学習は活用できる生きたものとなり他の人を助けるスキルへと変化していくことがわかります。自分の作品作りを充実させることはもちろん、他の人への適確なアドバイスを行うことができるやりがいのある手芸アドバイザーとして活躍の場を広げることができます。