手紙・文章ライター口コミ評判

携帯電話やパソコンで電子メールを簡単に送信できる現代では、手紙の習慣は完全に過去のものとなってきています。

しかし、手紙を書くことで、相手に心のこもった文章を送ることで、温かみのあるものを送ることができるのではないでしょうか。

今回紹介する手紙・文章ライターは、正しい日本語と文章構成法で手紙を書くことができる人に与えられる資格です。

この記事で詳細を確認していただけると幸いです。

手紙・文章ライター認定試験とは

日本語の手紙では正しい文章の様式を持っています。

全体の手紙の様式は、 「拝啓」のような見出し語、季節のあいさつ、手紙本文とそれを締めるための相手を敬う締めの言葉で構成されます。

そこに、季語、尊敬語や丁寧語の敬語、宛名の書き方などが正しく使われなければなりません。

手紙・文章ライターの認定試験では、このような文章の構成方法をよく理解し、手紙を書くのに必要な常識と知識を持ち、高いレベルの文章力を身につけているかどうか判定されます。

あなたが手紙の書き方や文章力を向上させ、より心のこもった手紙を書くことができれば、人とのつながりはより豊かで親密な関係を築くことができるでしょう。

さらに、要件だけの仕事の電子メールを書き込む際にも意識が変わるので、ビジネスシーンでも有効に活用でいることは間違いないでしょう。

様々な場面で役立つ手紙・文章ライターの資格を取得し、文章を通じて充実した人間関係を築くのはいかがですか?

手紙・文章ライター認定試験について

手紙・文章ライター認定試験は70%以上の合格基準を満たしていると合格となるため、難易度は比較的難しいものではあるでしょう。

特別な試験資格は特には必要ないので誰でも挑戦することができます。

試験の申し込みから実際の受験まで在宅でできるので、休日や夜間などの空き時間に自分のペースで進めることができますし、試験日程は試験期間中の自分の都合の良い日に回答用紙を記入し、協会に返却することでできるため簡単に受験することが可能です。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

日本インストラクター協会とは

手紙・文章ライター認定試験を主催する日本インストラクター協会は、手紙・文章ライター以外にも様々なインストラクター資格を提供する団体です。

様々な分野で専門的な知識と技能があることを証明する資格であるため、資格取得後に講師やインストラクターとして活躍する人が多くいます。

どの試験でも10,000円程度で受験可能で自宅にいながら受験ができる点も魅力的であるため、職場でのキャリアアップを目指す方に人気の団体です。

日本インストラクター協会は様々な分野でそのスキルが認められているため、多くの企業や組織から信頼もあります。

また、受験者も多く、働きながらでも在宅で受験できる資格がそろっていることから人気を高めています。

今流行りの資格が多く準備されており、資格を元に開業をしたり転職活動や就職活動に役立てることができるなど、新たな仕事を得るためのきっかけとして多くの人が利用されているようです。