手相鑑定士認定試験口コミ評判

毎日の運勢を気にしている方も多くいる事でしょう。占いには様々な種類がありますが、その中には「手相」もあり、手相は古くから占いに使われているので、馴染みがある方も多くいるでしょう。そこで、手相についての基礎知識・テクニック、鑑定をする事になった時の必要なノウハウなどを学び、それを資格認定をしているのが、日本インストラクター協会が設定している「手相鑑定士」です。手相鑑定士として活躍する時に、知っておきたい知識・占い方法など、手相鑑定士として独立したい方にとっては、必ず押さえておくべき知識も勉強する事になります。

日本インストラクター協会とは

手相鑑定士を設定している「日本インストラクター協会」は、日常生活における様々な技術や環境作りなど、人生をより良くしていける能力を「資格」として認定しています。手相鑑定士の他にも、生活をより快適にしていけるような資格があります。また、日本インストラクター協会が実施している認定試験は、自宅で受験できる「在宅受験形式」を採用しており、資格試験に対する不安や費用の軽減にも努めています。

手相鑑定士認定試験について

・試験概要
インターネットからの申し込み限定で、決まった受験資格はありません。どなたでも受験することができます。受験料は税込10,000円です。在宅受験ですので、わざわざ試験会場へ出かける必要はありませんし、試験期間内から都合の良い日を選んで受験することができます。

・合格基準
70%以上の評価が資格認定に必要です。
合否発表は、解答用紙を郵送した1ヵ月後に郵送されます。併せて、「合格認定証・認定カード」を同時発行することもできます(それぞれ税込み5,500円)。

合格後の活躍

身近な所では、自分の周りの方に対しても手相を使った占いをする事もできますし、鑑定料を取って、手相を使った鑑定ができます。
仕事面では、手相鑑定士として独立はもちろん、占いを行う店舗に属していてもスキルアップ(昇進・昇給)になりますし、そういった店舗に就職したいと思ったら、履歴書の資格欄に記載することもできます。

手相鑑定士の口コミ

・「自分が占ってもらい見事に当たったので、自分でも占いたいと思いました(20代・女性)」

以前、手相で占ってもらったことがあり、その結果がびっくりするほど当たっていたので、自分でも手相占いができたらいいなと思い、手相鑑定士の取得を目指すことにしました。手相鑑定士の試験は在宅で受験する事ができるので、勤めながら勉強・資格を取ることができました。手相占いの技術だけではなくて、相手が今どのような気持ちで、どのような対応が適しているのかといった、相談の技術も身についたと思います。

・「困っている人に対して役立ちたいと思いました(50代・女性)」

元々占いが大好きで、手相に限らず様々な占いを受けましたが、ある日観てもらった手相占いの占い師の方に相談した際、かけられた言葉があまりにも自分にとって衝撃で、その時とても助けられた思いをしたので、手相鑑定士を受験することにしました。手相鑑定士のメリットは、知識だけではなくて、技術も証明できるところです。

手相の技術のほかに、カウンセリング技術も含まれているので、自分が体験した経験を、他の人にも与えられる様になりたいと決心しました。手相鑑定士を取得後は、依頼を受けた友人の手相をみたりしています。50代からでもこれまでの人生経験を活かして、手相を通じた相談にのれるため、手相鑑定士の資格をとって本当によかったと思います。

手相鑑定士の今後

これらの口コミにもある様に、今後の手相鑑定士は需要が高まるとも予想されているので、趣味と実益を兼ねた資格と思えますので、頑張って資格を取るには十分なボリュームとなっています。
手相資格  手相資格