建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

建築材料インストラクターとはどのような資格なのか、その資格認定を行っている日本インストラクター協会とはどのような機関なのか、受験の方法はどのようなものかといった疑問に答える記事となっています。

建築材料インストラクターとはどのような資格なのか?

家や建物の建築材料には実に多くの種類があります。マイホームを建てる時にもある程度の知識をもっていないと、賢明な材料選びを行うことは難しくなります。建築材料選びは建物の性能や快適さを大きく左右するものとなります。またその後のメンテナンスとの関係からも判断し選択していく必要があります。最近では化学物質アレルギーなどによってせっかくマイホームを建てたのに自分の家にいる時間が苦しいという方も多くおられます。ですから、建材に関する知識をしっかり持ち、他の人にアドバイスできる人はとても貴重な存在となっています。その点で役立つ資格があります。それは建築材料インストラクターという資格です。この資格は構造用材、内外装仕上げ材、性能維持材などの建築材料に関する知識と理解を持つものに与えられる資格です。資格を取得することによって講師として活躍することもできます。

日本インストラクター協会とは?

この資格認定を行っている日本インストラクター協会とは教える技術を中心とした各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。技術者として備えるべき能力についての水準がわかりやすく示されることによってその資格取得を目指す人たちがどのようにスキルアップに取り組めばよいのかがわかり、資格取得への意欲を強めることができます。企業や現場など人を採用する側も資格取得者の技術レベルを把握しやすく、人材を採用しやすいというメリットがあります。こうした日本インストラクター協会の取り組みによって技術者たちの社会的地位が守られ向上することになりますので、協会の社会的役割はとても貴重なものです。

日本インストラクター協会で取得できる資格には他にも建築模型技工士インストラクター、土木CADインストラクター、機会・設備・電気CADインストラクター、建築CADインストラクターなどをはじめとして多岐にわたる分野の資格取得を行うことが出来るようになっています。

受験方法とその特色について

受験を希望されるのであれば日本インストラクター協会の公式ホームページ(https://www.jpinstructor.org/)から申し込みを行うことができます。申し込みを行うと自宅に受験票や試験問題が送り届けられますのでその時に配送員に受験料として10,000円(消費税込)を代引きの形で支払います。受験そのものは自宅で受けることができます。また受験日も都合の良い日を定められた期間の中で自由に選ぶことができます。大変受験しやすい体制が整えられており好評です。

口コミ評判について

「家族には喘息持ちの子供がいます。子供に苦しい思いをさせないための環境づくりをしたかったのでこの資格の勉強をすることを決めました。今では家での生活は快適です。そして副業として相談者の依頼を受けています」

資格を取得することによって自分や家族の住環境をより良いものにすることができるようになります。さらに、インストラクターとして活躍できる場は多くありますので建築材料インストラクターの資格取得は魅力的といえます。