幼児食資格人気ランキング

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターとは、子供の成長に合わせてバランスのとれた献立を考える知識や、幼児食に向く食材、向かない食材などについての知識を問う資格です。日本安全食料料理協会が認定試験を行っています。また、この資格は、幼児食に関する知識だけでなく、子供がアレルギーでアナフィラキシー症状を起こしてしまったときの対処法、起こす前の予防方法についても身につけている必要があります。多くの方が自分の子供のために取得を目指していますが、資格を活かして講師として活動したり、ネットで専門家として開設をしたりと資格取得をきっかけに職につなげている方もおられる非常に人気の高い資格です。独学でも取得ができますが、テキストも用意されており勉強も始めやすくなっています。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターとは、子供の成長に合わせた献立を考える資格で、幼児食マイスターと似ていますが、幼児食マイスターとの違いは実際にそのレシピを作る能力を持っていることを認定する資格です。日本インストラクター協会が認定試験を実施しています。幼児の体格、体質、運動量によってぴったりのレシピを考えるだけでなく、春夏秋冬や季節の行事(たとえば正月や桃の節句、クリスマスなど)に合わせた献立を考える力も求められます。資格を持っていれば講師として活動することができます。また、この資格は勉強がしやすく、受験でもセオリー通りの問題が多いのできちんと勉強していれば点数がとりやすいということでも人気の資格です。これから子供のために、また職のために資格がほしい人だけでなく、実際に子供をそだててきた経験も生かせるため、子育てが一段落したお母さん、お父さんにもおススメの資格です。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターとは、幼児食の基礎知識から、発育と食事のかかわり、成長に合わせた献立の考案、病気やアレルギーの対処など幅広い知識を備えていることを証明する資格です。日本能力開発推進協会が認定試験を行っている資格です。上位二つとの違いは、養成講座を受けなければいけないこと。幼児食マイスターとベビーフードインストラクターは独学でも受験ができますが(テキストはもちろんあります)、この資格は協会が認定した教育機関が行う約3か月の養成講座を修了したのちに筆記試験を受ける必要があります。資格は、講師として取得を目指す人だけでなく、保護者からの質問に的確にこたえられるようになるために、保育士や幼稚園の先生が取得を目指すケースも多いようです。

4位 幼児食アドバイザー

株式会社日本フローラルアートが主催しています。こちらの資格の大きな特徴は、試験がないこと。6か月の受講期間以内に、全6回の課題を提出し、すべての課題に合格することによって取得ができます。講座から課題の提出まで、すべて自宅で済ませられるため、忙しい主婦の方にもおススメの資格となっています。3位の幼児食アドバイザーと似ている資格ではありますが、お互いに内容を補完しあうような形になっており、どちらか一方の資格を取った後もうひとつの資格の取得を目指す方も多いようです。育児や食に関する仕事についている人のプラスαとしても人気の資格です。

5位 子ども食育健康管理コーディネーター

食育とスポーツ栄養学の知識を生かして子供の健康と食育、スポーツと栄養にかかわる情報を身につける資格です。資格支援能力振興協会が行っています。こちらの資格も独学ではなく、協会認定の取得講座を受けますが、テキストだけでなくDVD教材がついているため勉強がしやすくなっています。また、他の4つとの大きな違いは、栄養と「運動」を軸に置いていること。子供の健やかな成長のため、栄養学だけでなく医学的、スポーツ科学的な知識を身につけることができます。ですので、保護者や教育者はもちろん、スポーツ関係者の指導者にも人気の資格となっています。