幼児食マイスター認定試験口コミ評判

子供が生まれると家族の生活は一変しますよね。特に今までは夫婦2人の生活だったところから3人の生活になると、もう子供中心になってしまいます。そんな中でお母さんが気を付けなければいけないことって本当たくさんあるんですよね。しかもお母さんの全てが初めての事ばかりなので、何をするにも悪戦苦闘の毎日。特に子供の成長スピードは本当早いので、やっとできるようになったことも変化させなければいけなかったり、苦労が尽きません。

そんな子育ての中で、特に苦労するのが食事です。最初は母乳とミルクで悩み、その後は離乳食から徐々に大人と同じ食事への移行ですよね。食事が身体を作ると言いますから、ちょっとでも不安のあるものは食べさせられませんし、かと言って自分で全てを安全と判断できるだけの知識もない。

そんな子育て、特に食事に苦労されているお母さんに朗報です!

今からでも間に合う勉強があるのです。それが日本安全食料料理協会が主催している幼児食マイスターです。この資格を最短2ヶ月で取得して、子供の食生活に自信とゆとりを持って楽しく生活してみませんか?

幼児食マイスターとは?

幼児食マイスターとは、子供の月齢ごとに必要な栄養バランスを考えて献立を作ったり、離乳食から幼児食に切り替える時期、幼児食に関する知識などを一定水準以上身に付けている人に与えられる資格で、日本安全食料料理協会が主催しています。

子供の成長は、見た目でわかる身体はもちろん、脳や神経細胞、骨や筋肉に至るまで様々な部分の成長があります。それらを適切に成長できるようにするのは全て食事が主本なのです。またアレルギーの原因も食事に起因する部分は少なからずあります。それらの予防や対策に関する知識もこの資格を取得するための勉強をすることで身に付けることができます。

幼児食マイスター認定試験口コミ評判は?

この資格を取得するタイミングとしては、3パターンあります。

1.妊娠中に生まれてくる子供の食事について予め知識を身に付けたい人

2.子供がいて、既に幼児食で苦戦している人が即戦力として身に付けたいと考えている人

3.仕事として幼児食関係の仕事でスキルアップしたい人

1の人は事前準備として素晴らしいと思います。実際の口コミでも「事前に勉強でき、産後の不安が一つ解消できたのと、産後の生活がイメージできたので良かった。」や「生まれた後しばらくして勉強したことが役に立ち、楽しく子育てが出来た。」などの書き込みがありました。

2は、習ったことを即実践という形で今知りたい情報が得られるので良いと思います。口コミでは「知識が身に付いて良かったが、もう少し早く勉強しておきたかった。」という意見が多く聞かれました。

3は、上記2つとは別ですが、保育士や助産師の中にはスキルアップのために取得する人も多いようです。

どうやったら資格が取得できるの?

ではどうしたら資格が取得できるのでしょうか?

上記の1と2のケースでは、まず通信教育で学ぶと良いでしょう。子育て中や妊娠中は極力外出は避けたいところですよね。しかも自分や子供の体調次第で一日のスケジュールが大きく変わってきます。そのため通信教育が最適なのです。通信教育であれば教材は全て自宅にあり、何をするにも自宅で自分の好きな時間に取り組む事ができるのです。そうやって自宅でスキマ時間を見て勉強し、指定された講義修了後に在宅で試験を受けることができます。

また通信教育によっては、期間的には最短2ヶ月で、かつ指定された講義修了後に試験免除で資格が取得できるコースもあるので、勉強時にその辺も考えて通信教育を始めると効率良く勉強できるでしょう。

上記の3の人は、職場である程度の一般知識は付いていることが多いので、通信教育などはせずにいきなり試験を受けることもできます。日本安全食料料理協会のHPから試験の申込を行うと、自宅に試験問題と解答用紙が送られてきます。それを自宅で規定の5日間の内に解いて解答用紙を返送するだけで試験修了です。忙しい人にでも簡単に受けることができるので、ぜひ既に知識を持っている人は受験されることをお勧めします。