実践建築模型認定試験口コミ評判

日本デザインプランナー協会の実践建築模型認定試験の口コミ評判とその資格の実用性についてご紹介します。

日本デザインプランナー協会の実践建築模型認定試験とは

時折建築模型を目にすることがあるかもしれません。新築の家の完成のイメージを持てるようにするものや、施設の構造を知ることができるようにするために設置されているものもあります。何気なく目にするこれらの建築模型を作るためにも多くのスキルやテクニックやノウハウが求められます。普段から建築に興味があり、プラモデルや工作を作るのが好きであるという方はこうした建築模型の作成にも興味を持たれるかもしれません。自分の特技が仕事になったらよいのにと感じることもあるかもしれません。その面で日本デザインプランナー協会の実践建築模型認定試験は大変役立ちます。この試験は建築模型を第三者に対するプレゼンテーションとして使用する企業や技術者に対して建築模型の知識と制作技術また技能の評価水準を示すものとなっています。この認定資格を取得するならその人やその企業の技術が求められている一定の水準よりも高いスキルやノウハウを持つことを証明することができますし、企業や現場も人を採用する際に資格保持者かどうかで明確な判断することができるようになります。

  試験を受ける方法とは

試験を受けて資格を取得したいと思っても仕事をしていたり、家事をしなければならないという方にとっては試験の日程に生活を合わせたり、試験会場に行くといったことが難しい場合もあり、それゆえに躊躇することもあります。でも、日本デザインプランナー協会の資格認定試験はそういった心配を払拭するものです。その申し込み方法をご紹介します。試験には1級受験と2級受験が用意されています。1級受験は設計者の意図をわかりやすく伝える建築模型の制作技術や技能に加えて、建築模型の制作者として実践の場で通用するエキスパートとしての技術をもっていることを認定します。受験料は1万円で、インターネットから申し込むことができます。試験問題や解答用紙は日本デザインプランナー協会から送付されます。受験料は代引きとなっていますので試験問題を受け取る時に配送スタッフに支払います。受験方法は在宅受験となっていますし認定された試験期間内の都合のいい日を選んで受験することができますのでお忙しい方や主婦の方にも大変受験しやすいシステムになっています。2級受験は設計者の意図をわかりやすく伝える建築模型の制作技術や技能をもっていることを認定する試験となっています。受験方法は1級と同様です。

実践建築模型認定試験口コミ評判

この試験を受けた方の実際の口コミ評判のいくつかをご紹介します。「建築やデザインの知識がほとんどなかったのですが、試験という目標をもって勉強をすすめられました」、「建築関係の仕事を行っておりますが、更なるスキルアップを目標とし、当資格を取得することにしました。実践的な問題も入っており勉強したことを現場においても生かすことができ、試験だけの勉強にならずとても意味があったと考えております」このように口コミ評判もとても良いものになっています。今後建築関係の仕事を行っていくことを考えている方や自分のスキルを十分に活用し社会に貢献したいと考えている方にはとても良い資格です。日本デザインプランナー協会の実践建築模型認定試験によって所得した資格はその人の生涯を支える強力なツールとなりますのでおすすめです。