夢占いアドバイザー口コミ評判

寝ている時に見た夢と自分の考えにはどんな関係があるのでしょう。お正月に見た夢は、「一富士二鷹三なすび」と言っていいことがある予兆と良く言ったものですが、本当でしょうか。

また夢というと、仕事に熱中している人が夢の中でも仕事をしてしまったとか、夢で仕事に失敗した夢を見たり、成功した夢を見て真似してやったら現実になった正夢というのもありますよね。それらは、夢を見た人の心の奥底にある意識(深層心理)が夢に表れて見ることができていると考えられています。

その考えからすると、夢で見たものは自分に全く関係ないのではなく、自分の深層心理としてそうなって欲しいとかの願望や欲求が入っているということになります。現実社会では、何かを考えるときに、これを表に口に出したら人間関係が崩れるとか、人に迷惑をかけるかも知れないとか自分が○○だと思われるかもしれないと思って無意識の内に心の奥底に押し込めていることは結構あると思います。そんな時代だからこそ夢についてもっと分析し、どんな夢を見たのかによって自分の表に現れない深層心理を意識することができれば、本当の自分を知ることができ、新しい自分を発見できるかもしれません。

夢占いアドバイザーとは?

夢占いアドバイザーは、そんな夢の分析をするための知識を身に付けて見た夢のキーワードから分析し、夢の中で伝えたいメッセージを正しく読み取る能力を持った人を日本インストラクター協会が認定することで資格として与えられます。

例えば、「空を飛ぶ」夢を見たという人は、メッセージとして自由とか独立心、逃避願望があると言われています。そのような夢のキーワードはいくつもありますし、分析の結果も様々なパターンがあります。それらを正しく読み取り夢を見た相手に伝えることができるひとが夢占いアドバイザーとなるのです。

また夢占いアドバイザーの資格を取得すると、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができるようになります。

夢占いアドバイザー口コミ評判は?

夢占いアドバイザーになった人からは、様々な高評判があります。

「今まで何となく見ていた夢について色々勉強したことで、夢の重要性が理解でき、その後の人生において自分の進むべき道がわかった気がします。人に聞いても都合の良い回答しか返ってこないので自分で知識を身に付けて理解できるようになって良かった。」とか「ちょっとした時間を利用して夢占いについて勉強することができ、最初は半信半疑でしたが、勉強していく内に理解できることが増え、今では夢によっていろんなことが分かるようになってきました。また講師としていろんな人に教える活動もしているのですが、最初自分が半信半疑だったという経験から、教えるときに色々工夫して教えることができるようになりました。」など、人生にプラスになったり、手に職を就ける事ができるようになった人もいました。

どうやって資格を取得すればいいの?

夢占いについて勉強するといっても何をすればいいのか分からないという方、多いと思いますが、今は様々な種類の通信教育が出ています。その中に例えば「諒設計アーキテクトラーニング」という通信教育の学校があります。ここは一例ですが、日本インストラクター協会と提携しており、あるコースを修了すると自動的に資格が取得できる、資格免除タイプのコースが用意されています。また最短2ヶ月で資格が取得できるコースもあるので、自分に合ったコースを受講されると良いでしょう。

また通信教育が何故いいのかというと、普段仕事で学校に通う時間が無いという方や、土地柄近くにそういう学校がないという方がたくさんいると思います。通信教育であれば場所や時間に囚われず、自分の好きな時に自分の好きな場所で勉強ができるのです。通信教育はインターネットさえ使える環境であれば、自宅に教材が届き、質問はメールで専任の先生に聞くことができ、自分のペースで勉強することができます。

また直接当協会のHPより受験のみ行うこともできますので、興味のある方は一度申し込みをしてトライしてみるのもいいでしょう。
夢占い資格講座  夢占い資格講座