和食資格人気ランキング

和食資格について

和食は日本人にとって欠かせない重要な文化の一つです。食生活は生きていく上で欠かせないものであり、日本人の中で長い間育まれてきた和食という文化はこの国にしかないのです。また和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって世界的にも注目されています。そもそも和食は魚や野菜中心で作られるのでヘルシーで健康的だとしても知られています。
和食を正しく作るためにはそのための知識や技術が必要となります。和食づくりには独特の包丁使いや食材もありますのできちんと勉強しておくことで美味しく仕上げることができるのです。また和食で欠かせない盛り付けもきちんと学ぶことで上達して生きます。今回はそのために活用したい資格をいくつかご紹介します。資格取得のために勉強することで自分の能力を客観的に評価することができますし、自信をつけることにもつながります。

1位 和食エキスパート

主催団体:日本安全食料料理協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
和食エキスパートは基本的な和食の知識や技術、技能を持っていることを証明します。だしの種類や和包丁などの道具の扱い方なども必要となります。一通りの和食についての知識を備えていることが認められますのでおすすめです。

2位 日本料理インストラクター

主催団体:日本インストラクター協会
受験資格:特にありません。
受験費用:10000円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:在宅
合格基準:70パーセント以上の得点率
この資格では日本料理に関する知識を身につけてさらにそれを人に伝えることができる能力を問います。季節ごとに異なるレシピや懐石料理の知識、レシピを作ることができる能力などが求められます。資格を取得したのちには講師として活動することもできる資格です。

3位 和食検定

主催団体:一般財団法人 日本ホテル教育センター
受験資格:初級レベル,基本レベル 特にありません。 実務レベル 基本レベルを取得していること
受験費用:初級 40000円 基本 50000円 実務 80000円
受験申し込み方法:インターネット、郵送
受験場所:東京、名古屋、大阪、福岡
合格基準:お問い合わせください。
この資格は初級、基本、実務ごとに1級から3級まで分けられていてステップアップしながら実力をつけていくことができるようになっています。和食を基本から学びたいという方におすすめの資格です。

4位 和食マイスター

主催団体:日本野菜ソムリエ協会
受験資格:お問い合わせください。
受験費用:お問い合わせください。
受験申し込み方法:インターネットから。(現在開講未定となっています。)
受験場所:お問い合わせください。
合格基準:特にありません。
この資格は講座を受講することで取得できます。現在ジュニア和食マイスターコースが開講されており、二時間の授業を5コマ受講することで取得できます。今後和食マイスターの資格も開講されると予想されますのでステップアップのために取得するのもおすすめです。

5位 和食アドバイザー検定

主催団体:一般社団法人 日本実務能力検定協会
受験資格:ジュニア和食アドバイザー検定に合格していること
受験費用:64800円
受験申し込み方法:インターネットから。
受験場所:群馬、長野など
合格基準:お問い合わせください。
この資格は実技講習と終了試験を修了することで取得できる資格です。和食の食べ方や日本人の礼儀作法なども身につけることができますので日本人としての和食の歴史や文化を身につけたい方におすすめです。

まとめ

和食は日本人にとって身近な食文化であり、とても深い魅力を持ったジャンルでもあります。資格取得をきっかけに日本の生活や文化についても見直してみてはいかがでしょうか。
和食資格講座  和食資格講座