和食エキスパート口コミ評判

2013年に無形文化遺産に登録された和食は、現在では世界的に注目されています。

「日本料理」「日本食」とも呼ばれており、精進料理や懐石など一言で和食といっても幅広い意味があります。

日本人は和食についてよく慣れていると思っていますが、男性の多くは少し料理をするといっても、レパートリーはスパゲッティや炒め物のような西洋スタイルになっているようです。

これは多くの西洋料理は単品の料理を作りあげれば終わってしまうことが多く、楽に作れることにあるでしょう。

確かに日本食はおいしいですが、ディナーが肉ジャガだけでは寂しいですし、まずは出汁を取ってそれから作り上げていく面倒なステップも多いことから、料理として提供するのは楽ではありません。

しかし、無形文化財に選ばれたとおり、和食には外見の美しさだけでなく、栄養面からも健康に非常に良いものが多くあります。

もし、ダイエットのために肉体改善をしようとするなら、和食が効果的であると考えれば分かりやすいのではないでしょうか。

和食の基礎から学ぶことができ、日々の生活の中で多くの人に使える「和食エキスパート」の資格について紹介します。

和食エキスパートとは

「和食エキスパート」は、日本安全食料料理協会が主催する認定試験です。和食の基礎となる出汁の種類と出し方、煮物や蒸し料理の種類や作り方、道具の種類と知識(和包丁など)について、一定以上の水準にあることを認められた資格です。

「和食」とは、味、栄養バランスを損なうことなく、「煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」など様々な調理方法をもちいる日本の伝統料理です。日本は四季の山々に恵まれた島国と多くの山々に囲まれており、海の幸から山の幸まで食材が豊富にあります。

そのため、昔から豊富な食材を駆使した体に良い食文化が育ってきました。そして、近年、欧米で大きな好況を遂げ、2013年に無形文化遺産に登録されました。

調味料に頼りすぎないように、素材そのものを使った日本食はとてもおいしく出来ています。

素材の味を生かしすために「煮る」「焼く」「蒸す」「揚げる」といった豊富な調理法があり、出汁と呼ばれるユニークな文化も生まれています。

「和食エキスパート」はどんな食材はどう調理し、どのように健康面に良いのか、また、それを作るためにはどのような道具が必要なのか?ということを把握した和食のスペシャリストです。

栄養バランスのとれた和食を摂取することで、体に負担をかけることなく新陳代謝をあげて、肥満やメタボの予防につながります。

このような健康意識を念頭に置いて料理を作ることができるのは、「和食エキスパート」です。

和食エキスパート認定試験について

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

和食エキスパート認定試験の口コミ

和食エキスパートの資格は、SNSなどで特に主婦の間で誇りを持っているシーンがよく見られました。

和食エキスパートのテスト内容については、このような意見もありました。

「出汁を取る方法がこんなにあるとは思わなかった」

「包丁の種類と特徴を紐付けるまでが大変」

実際に出題される内容に関しては、より具体的な名称の回答が必要となります。

和食エキスパートとしての資格そのものには実用的なスキルはないので、知識だけでクリアできるという意見もあありしたが、

その反面で、実際に料理するよりか言葉を使って説明することが難しく思える。

複雑な設問も多いという意見もあり、プロのシェフからなかなか難しかったという意見もありました。

また、和食エキスパートの資格を取得して講師を務めているという口コミあり、元料理人の方が

人に教えるために正しい知識を取得して現在では講師活動をしているという口コミもありました。

主婦の間で人気のある日本の専門家の資格ですが、実際には様々なな人気があります。
和食資格講座  和食資格講座