和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判

「和食」は2013年12月4日にユネスコ無形文化遺産に登録されてから、日本の食文化について世界的に有名になりましたね。しかし和食というと外食では料亭などに行かないと食べれずちょっと敷居が高いイメージが日本人の中にありますが、日本のお菓子なら身近に感じられて、接する機会も多いのではないでしょうか。観光に来ている訪日外国人(インバウンド)にも和菓子は人気になっています。

お饅頭や雷おこしなどは観光地に結構あり、日本人よりも外国人の方が食べてるんじゃないかと思うぐらい売れているようです。これも和食が世界遺産に登録された恩恵でしょうか。この流れに乗って、和食や和菓子について詳しくなることでビジネスチャンスにも繋がりますし、外国人の友達にもより美味しい和菓子を紹介できるようになりますね。もちろん外国人向けだけでなく、職場の日本人の同僚や友人、ご近所さんにも何かあった時のちょっとしたお土産に和菓子を持っていったら喜ばれるようになるでしょう。そうすれば社会人としても会社内でのコミュニケーションを円滑に進める手段として有効になります。

和菓子について少しでも詳しくなることで社会人生活もより充実し、さらに今のコミュニケーション以外の広がりが見えてくるのではないでしょうか。

ではどうしたら和菓子に詳しくなれるのでしょうか。それは、和菓子文化コーディネーターの資格を取得することです!

和菓子文化コーディネーターとは?

日本生活環境支援協会が認定している資格制度で、和菓子に関する幅広い知識や日本各地の郷土和菓子の歴史や種類、和菓子における豆知識などを一定水準以上有していることを認定しています。

和菓子の文化を知ることで、日本文化や行事をより楽しむ事ができるようになります。例えば、ひな祭りや端午の節句などで用意する和菓子に詳しくなると、楽しみが増えますよね。それだけでその日が来るのが楽しみでしょうがなくなります。

また日本の文化で難しい点として、例えばおはぎとぼた餅の違いとか、お汁粉とぜんざいの違いなど、日本人でもちゃんと答えられる人が少ないようなことも、この資格を取得すれば理解できるようになり、ちょっとした優越感に浸れるようになります。

和菓子業界にお勤めの方や、和菓子が好きな方、日本の文化をより楽しみたい方に人気の資格となっています。

和菓子文化コーディネーター認定試験口コミ評判は?

「外国人の友人に日本で食べているお菓子について聞かれた時に、外国産のお菓子しか答えられなかったのがショックで勉強し始めました。今では、和菓子について色々答えられるようになり、友人も吊られて詳しくなっていきました。日本の各行事ごとにみんなで楽しく過ごせるようになりました。」というように意外と日本人の方が日本について詳しくないことが多々あり、外国人に紹介するときに恥ずかしい思いをする人もいるようです。日本の文化を全て勉強すると膨大な量になるので、まずは手軽に始められる和菓子から文化を学んでみては如何でしょうか。

どうやって勉強すればいいの?

勉強の仕方としては、もっとも早いのは、いきなり試験を受けることですが、和菓子業界の関係者でない限り、いきなり試験を受けるのは難しいかと思います。ちなみに受験だけであれば特に受験資格はないので、誰でも受けることは可能です。いきなり受ける場合は、日本生活環境支援協会のHPにアクセスして、受験の申し込みをします。そうすると自宅に問題用紙と解答用紙が届きますので、規定の5日間の間に問題を解いて、解答用紙を返送すればいいのです。受験自体は全て自宅で完結するので、仕事で忙しくても受けることはできます。

ただ、今まで和菓子にあまり触れてこなかったような方は、まず通信教育などを活用して勉強するところから入ってみては如何でしょうか。通信教育によっては、最短2ヶ月で資格が取れるコースや、講義修了時に試験免除で資格が取得できるコースもあるので、勉強する際には、どの通信教育で勉強するか、良く検討してみると良いでしょう。