和スイーツセレクトマイスター認定試験口コミ評判

少し前に和食が成果無形文化遺産にユネスコから認定され、今「和食」に対する関心が強まってきています。ただ、いきなり和食が食べたいと言われても何を食べていいのか悩みますよね?ではスイーツならどうでしょう?

自分の食べたいスイーツで和のものを思い浮かべるのならすぐに出来ませんか?思い浮かべたら食べたくなりますよね。と同時に作りたいと思いませんか?和食はちょっと…という方でもスイーツならケーキやクッキーを作る要領でちょっと作れる気がしませんか?

和スイーツセレクトマイスターとは?

和スイーツセレクトマイスターという資格は、まさに和のスイーツに関しての様々な知識を幅広く理解して、また和菓子を作るときに必要な料理道具についての知識を深め、さらに作り方や各日本の郷土和菓子における歴史や知識を一定水準以上身に付けていることを認定する資格として、日本安全食料料理協会が認定している資格です。

この資格を取得することで、和菓子をもっと身近に感じることができ、今まで以上に和菓子でいろんな日本の行事ごとを楽しむ事ができるようになるでしょう。

和スイーツセレクトマイスター認定試験口コミ評判は?

「和菓子について詳しくなることで、今までひな祭りなどで必要なお菓子を既製品を購入していたのが、自分で子供と手作りできるようになり、子育てが楽しくなりました。」とは「和菓子を知ることで、日本の様々な行事についても詳しくなり、記念日を大切にする家庭にすることができました。」など、和菓子から日本の文化を知り、より日本が好きになったという人がたくさんいるようです。

今は訪日の外国人もたくさんいますので、日本人ならまずは日本の料理やお菓子に詳しくなっておかないと、外国人に日本のいいところを教えてくださいと言われた時に困ってしまいますね。そうならないためにも、和菓子については、この資格を取得して胸を張って答えれれるようにしたいものですね。

また既に和菓子店で働いていたり、和菓子業界に精通している人からは、自分の会社の中での地位確立やスキルアップのために資格を取得して、仕事における自信をつけたという人も多くいらっしゃいます。

どうやったら和菓子について勉強できるの?

和菓子について勉強するといっても、普段仕事をしている人にとって新たな時間を作るのは現実的に難しいですよね。そういう方におすすめな勉強方法は、通信教育です。例えば「諒設計アーキテクトラーニング」という通信教育であれば、日本安全食料料理協会が提携しているところなので、資格を取得することに特化した専用の講義が用意されています。コースはいくつかありますが、あるコースでは、最短2ヶ月で資格取得ができるという講義もあるようです。また、講義修了時に資格試験を免除して資格が取得できるコースもあるようです。ではなぜ通信教育を薦めるのか?それは、通信教育なら学びにどこか外出しなければいけなかったり、会社を休んで集中的に勉強しなければいけないとう縛りがないからです。教材は全て自宅に届くので、あとはその教材をこなし、不明点があればメールで専任の先生に相談したり、質問したりすることが可能となります。そうやって、仕事の合間や寝る前、家の家事や子育て世代でも子供がちょっと寝たわずかな時間に勉強するなどして、場所や時間を選ばずに勉強できるのでオススメです。

また今現在和菓子のお店で働いている人は、ある程度の知識を持っているので、今の自分の力を試す意味でもいきなり受験してみるのも面白いかもしれまえんね。いきなり受験する際には、日本安全食料料理協会のHPから受験申込を行い、あとは家に届く問題用紙や解答用紙を確認の上、規定の5日間で問題を解いて、返送すればそれだけで受験は環境です。通信教育同様に、受験にあたっては、今の会社を休まなくても、ちょっとした時間を使って試験に臨むことが可能となります。また受験資格も特に設けられていませんので、ちょっと知識に自信のある人は、ぜひ受験してみては如何でしょうか。