収納マイスター認定試験口コミ評判

収納マイスターという資格やその資格の活用の仕方、受験方法とその特色、口コミ評判についてのまとめの記事です。

収納マイスターとはどのような資格か?

収納や整理がきちんとできれば掃除が楽になり健康的な生活に資するものとなります。またものを探すという時間のロスを少なくすることができすし、ものを探すストレスを減らすこともできます。ですから収納に関する知識は生涯役立つものとなります。収納に関してその知識や技術をきちんと身につけたいと思う方にとても良い資格があります。それは収納マイスターという資格です。収納マイスターとは、部屋が片付けられないなどの悩みを整理方法や収納方法によって解決する収納の達人です。基本的な収納の方法から依頼者の要望に合った整理収納方法を的確に提案することができる人に与えられる資格です。資格取得後は講師として活動することも可能です。

日本生活環境支援協会とは?

日本生活環境支援協会とは生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。技術者として備えるべき能力についての水準が示されることによって資格取得を目指す人たちが明確な努力目標を持ちスキルアップすることができます。また人材を採用する側も資格取得者のスキルのレベルがわかりやすく人材を採用しやすいというメリットがあります。こうした取り組みによって技術者たちの社会的地位や場所が確立され守られます。

日本生活環境支援協会においては他にもDIY工作アドバイザー、健康ウォーキングアドバイザー、ビジネスマネージメント、手芸アドバイザーなど様々な資格取得を行うことができます。

受験方法とその概要について

受験することを考えている人は日本環境支援協会のホームページにアクセスし受験申込を行うことができます。画面の入力指示にしたがって必要事項を入力するだけですので誰でも簡単に申し込むことができます。申込を行ったら自宅に受験票や試験問題が送られてきます。その時に受験料10,000円(消費税込)を代引きの形で支払います。受験そのものは在宅で行うことができます。在宅受験には多くのメリットがあります。受験会場にまで出かけていくための時間や費用や労力を節約することができますし、家事や介護など自宅からなかなか出られない状況にある方でも受験することができます。受験日についても都合の良い日を決められた期間の中で選ぶことができます。試験内容については収納マイスターの基礎知識、心得、収納マイスターのワークフロー、要るものと要らないものを判断する基準、スペース別収納などに関する事柄が含まれます。合格基準は70パーセント以上の評価となります。

口コミ評判について

「私は小さい頃から片付けが苦手でした。変わろうと思ったきっかけは出産です。自分に足りなかったのは場所とルールを決めることだったんだと思いました。今では子供に片付け方を教えながら、快適に生活しています」

収納に関するスキルは生活の質を向上させます。家族や個々の健康はもとより、社会全体の生産生の向上にもつながります。資格取得を目指してしっかりと身につけたい技術の一つといえます。