健康つぼ押しインストラクターの口コミ評判について

皆さんは肩こりや頭痛、むくみに腰痛といった、病気ではない不健康な人が世の中にどれくらいいると思いますか?

この不健康な状態、でも病気ではない状態を漢方医学で未病と言います。健康と病気の間に位置する未病ですが、この状態の時に症状を抑えると病気になりにくい、予防医学に繋がりますね。

これくらいの症状ならどんな人にも覚えがありますよね。

この健康つぼ押しインストラクターとは、施術を内容を理解した上で行える資格になります。

では、ここからはこの資格についてもっと具体的にお伝えしていきたいと思います。

健康つぼ押しインストラクターとは

健康つぼ押しインストラクターとは反射区を使ったつぼ押しで、足、手、耳の反射区の位置を正確に覚え、反射区が身体のどの部分に対応しているかを常に意識したつぼ押しを行い、知識を十分に身につけた人へ認められた資格になります。

そして反射区とは、各器官や内臓に繋がるといわれる末梢神経の集中個所です。たとえば、反射区の「胃」の場所を刺激すると、人体の胃も活発になるという仕組みです。

とくに足の反射区を用いた、英国式、台湾式、タイ式、ドイツ式の特徴を学び、体調や健康状態に合わせてつぼ押しをすることができます。

より効果のあるつぼ押し方法を身に付け、身体の不調を改善し、リフレッシュ術を習得する価値ある資格です。

どういった人に向いているか

漢方ではつぼ健康法があります。これは、経絡の流れに沿って内蔵や全身の陰陽バランスを整え、気の流れを調節して自然治癒力を高めるという健康法なのです。

そして経絡とは、気血(気の巡り、血の巡りのこと)の通り道で経絡上にある反応点を経穴(ツボ)というのです。そのツボをお風呂上がりのリラックスした時に行うとよいでしょう。

そうした点も踏まえて専門的な知識をもった人が反射区とつぼ押しを理解した上で、わかりやすく説明するのにあると便利な資格です。

それと健康管理や身体の状態を知るための一つになるため、スポーツをする人や興味のある人にもおすすめですね。

漢方を学ぼうとする人にも漢方医学に通じるところもあるので、手軽に知識と資格を得る機会になります。

資格・試験・勉強法

健康つぼ押しインストラクターは日本インストラクター協会が主催する認定資格試験です。二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されています。インターネットで申し込みができ、在宅で試験が受けられるので、会場がどこにあるかとか、交通手段を考える必要もないですね。そして正答率が全体の70%です。費用は一万円でそこからも手軽さが伺えます。

受験に際しての勉強法は、きちんと健康つぼ押しインストラクターのテキスト利用することをオススメします。仕事をしながらの勉強は時間もなく、まとめることもままならないのが現実。用意されたものをひたすら覚えるのが合格するのにいちばんの近道です。ですが、テキストを利用せず独学で健康ツボインストラクターの資格を取得している人もいますので、既にある程度知識のある人、実践している人はチャレンジしてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

健康つぼ押しインストラクターは専門的な深い知識を持ち合わせていなくても手軽に資格を取ることができるという点で、最近は非常に人気のある資格の一つです。人に教えて講師として指導したり、家族や知人に施術してあげたり、身体の仕組みを知ってヨガやダンスなど身体を使う講座に役立てたり、自分自身の身体を知るにもいいですね。

私は漢方の基礎基本を少し学びました。料理を食べること、作ることが好きで、身体に大事なもの、健康について考えるとそこから自然に漢方に繋がりました。健康つぼ押しも漢方のうちの一つです。自身のことからそれを人に伝えて身体の仕組みを知り、知らず知らずのうちにスペシャリストになることも多々あります。

その一つのきっかけに是非チャレンジしてみてはいかがですか。
つぼ  つぼ