住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

住まいアドバイザーとはどのような資格なのか、その資格の受験方法とその特色、口コミ評判についてのまとめです。

住まいアドバイザーとはどのような資格か?

自分が住む家について知るということはとても重要なことです。長い時間、自分や家族が生活する場所ですから、快適な住み心地であり健康的に生活できる場所であって欲しいと願うものです。しかし、最近ではホルムアルデヒドの問題やアスベスト、化学物質アレルギーなど建築資材に関する不安要素や症状が浮き彫りになっています。自分自身がしっかりとした知識を持ち、安心できる生活を確保していく必要があります。さらに学んだ正確な知識を他の人にアドバイスするときに活用して行きたいものです。その点で住まいアドバイザーという資格はとても役立つ資格です。住まいアドバイザーとは建物及び建築材料に対する一般的な知識、また住まいという視点からの鑑定、判断能力が問われます。

日本生活環境支援協会とは?

日本生活環境支援協会とは生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。技術者として備えるべき能力についての水準が示されることによって資格を取得することを目標にする人たちが明確な努力目標をもって勉強やスキルアップに取り組むことができるようになります。また企業や現場など人を雇う側も資格取得者の技術レベルを把握しやすくなりますので人材を見つけ採用しやすいというメリットがあります。こうした日本生活環境支援協会のこうした活動によって技術者の社会的地位が守られ向上することになりますのでその社会的役割はとても大きなものとなっています。

日本生活環境支援協会においては他にも多くの資格取得を行えるようになっています。例えばその中には、ビジネスマネージメント、収納マイスター、健康ウォーキングアドバイザー、土地建物アドバイザー、住生活材料品質鑑定士、環境生活指導士などをはじめとして数多くあります。複数の資格取得を行うことによって複合的な知識を得てさらに活動の場を広げることができます。

受験方法とその特色について

受験希望者は日本生活環境支援協会の公式ホームページ(https://www.nihonsupport.org/)から申し込みを行うことができます。ホームページから受験申込ページに進み画面の指示に従って受験者情報の入力を行います。申し込みを行うと日本生活環境支援協会から試験問題や解答用紙が送られてきますのでその際に受験料を代引引換で1万円(消費税込)を支払います。受験は在宅受験になっていますし、試験日についても定められた期間の中であれば都合の良い日を自由に選ぶことができます。多くの人が参加しやすい受験システムになっており好評です。

口コミ評判について

「不動産会社に勤めていますがお客様にきっちり説明ができるようになりたいと思い資格を取りました。資格取得後は住居についての質問や相談を受けることが多くなりました」

住まいアドバイザーとして資格を取得するなら自分の住まいを安心できる居住環境にすることができますし、建物の材料や理想的な住まいについて不動産関係、建築関係、インテリア業界などにおいてアドバイザーとして信頼を得て活躍することができます。社会においてとても貴重な人材となれますので資格取得を目指したいものです。