ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワインコンシェルジュ認定試験ではどのような知識が問われるのか、またこの試験に関する口コミ評判をまとめています。

ワインコンシェルジュ認定試験とは

ワインにもいろいろな種類があります。白ワイン、赤ワイン、ロゼワイン、スパークリングワインなど様々です。それぞれのワインに特徴や味わいがあり、世界中の多くの人々を魅了しています。ワインに関心があり、その魅力をもっと多くの人に知ってもらうために役立つワインコンシェルジュという資格があります。日本安全食料料理協会が認定するワインコンシェルジュ認定試験とは、ぶどうの品種ごとに異なる特徴や、世界各国のワイン事情など、ワインに関する基本的な情報をマスターした人が認定される資格です。資格取得によって酒類製造、販売業、流通業、各種飲食サービス業など様々な分野で活躍することができます。またカルチャースクールなどで講師活動を行うこともできます。受験の内容としてはワインの歴史、ワインの産地、ワインの格付け、ワインの分類、ワインのサーブ、ワインの造り方、ワインと料理、ワインの栽培と品種などに関する基本的な事柄の理解が確かめられることになります。

日本安全食料料理協会とはどのような機関か

日本安全食料料理協会とは食品や料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定する機関です。備えるべきスキルの水準がこのようにはっきり提示されることによってこの分野においての技術を持つ者たちや関心を持つ者たちがその資格を取得するための意欲をもって勉強に励むことができます。また企業や会社など、技術者を募集し採用する際にも資格取得者の技術のレベルがはっきりわかるので人を採用しやすくなります。結果としてスキルを持つ者たちの社会的地位を守り向上することにつながります。日本安全食料料理協会で取得できる資格には他にもカフェオーナースペシャリスト、紅茶アドバイザー、ハーブインストラクター、漢方コーディネーター、スパイス香辛料アドバイザーをはじめとして多岐にわたる資格を取得することができるようになっています。「食」に関わる仕事をされている方には特に大切な資格が扱われています。

受験申込とその概要について

受験の申し込みに関しては日本安全食料料理協会のホームページから24時間いつでも申し込むことができます。どこかに出向いて書類をもらってくる必要はありませんので時間や費用の節約になります。画面の指示に従って簡単な入力事項を入力することによって申込を行うことができます。申し込みが完了すると自宅に受験票や問題用紙や答案用紙が送られてきますのでその時に配送スタッフに代引きの形で受験料1万円を支払います。現金で支払うこともできますし、クレジットカードやデビットカードでの支払いもできます。受験そのものは自宅で行えるので不必要な緊張をせずに試験そのものに集中することができます。受験日も定められた期間内であればいつでも都合の良い日を選ぶことができます。どなたでも受験することができる体制が整えられた親切設計となっています。

口コミ評判はどのようなものか?

「ワインを飲むことが好きなので比較的気軽に受けられる資格試験をきっかけに基本を勉強したいと考えました」

「通信教育を利用して効率的に学習を行いました。この資格取得で得た知識はとても実践的なもので、実務でもしばしば勉強で得た知識が活かされていて、役にたっている。資格をとって良かったと心から感じている」

資格取得によってワインに関する知識やスキルと高めることができ、効果的にその魅力を他の人に伝えることが出来るようになりますし、自分自身がワインを楽しむこともできます。また、ワインに関連した仕事をする際に役立つ資格です。資格取得によってその活躍の幅を広げていきたいものです。