レターライティングマスター口コミ評判

レターライティングマスター認定試験とは

日本人は美しい言葉のひとつとして認識されており、外国人で積極的に覚えている人も多くいます。

しかし、一方で、近年では言語使いの悪さや常識がないことが問題となっています。

レターライティングマスターとは、日本語や敬語、季語などの意味や相手に与える印象を身につけており、手紙を書く際に実践できる人を指します。

手紙には、冒頭の言葉と締めの言葉があり、慣用句やそれぞれの季節に合わせた言い回しというものがあります。

そんなことを学ぶことに意味があるのかと思う人もいるかもしれませんが、実際には社会人として顧客にメールを送るときには、手紙と同じように挨拶を書く必要があります。

間違った文章を書くことは相手に失礼であるだけでなく、社会人としての常識もないと相手に印象を与えてしまいうものです。

いつもコンピュータやスマートフォンでメールを送る人は、手紙を書く方法を知らないという方も多いのではないでしょうか?

レターライティングマスターの資格を取得することができれば、手紙になれていない人に講師として活動することも可能です。

ビジネス文書を書くのに苦労している人、文章のスキルアップしたい人、美しい日本語を書く方法を学びたい人、副業をしたい人などはこの資格をオススメします。

レターライティングマスター認定試験について

レターライティングマスター認定試験は70%以上の合格基準を満たしていると合格となるため、難易度は比較的難しいものではあるでしょう。

特別な試験資格は特には必要ないので誰でも挑戦することができます。

試験の申し込みから実際の受験まで在宅でできるので、休日や夜間などの空き時間に自分のペースで進めることができますし、試験日程は試験期間中の自分の都合の良い日に回答用紙を記入し、協会に返却することでできるため簡単に受験することが可能です。

【受験概要】
■受験資格・・・特になし
■費用・・・10,000円(消費税込み)
■受験方法・・・在宅受験
■試験期間・・・隔月20日~25日ごろ
※ホームページの試験期間に準ずる
■合格基準 ・・・ 70%以上の評価

日本デザインプランナー協会とは

デザイナーと呼ばれる仕事はかっこよくて憧れの仕事ですよね。

デザインを生み出すプロフェッショナルなので、才能やスキルが求められる職種であることは明らかでしょう。

しかし、その一方でデザイナーという職業自体には特別な資格は必要とされていません。

優れたデザインを作成することが有能なデザイナーとしての評価になりますが、初めてあった人に自分のスキルを証明することは大変難しく思えますよね。

日本デザインプランナー協会は、こうしたデザイナーに客観的な評価となる資格を与えることを目的としています。

日本デザインプランナー協会の認定を受けた資格取得者には、高いスキルに知識や技術力を持ち、デザイナー自身が自信を持ってスキルをあげることに役立てることができます。

また、日本デザインプランナー協会での資格取得によって、雇用の際のひとつの指標としてデザインスキルの提示が出来るため、雇う側、雇われる側の双方にとって有益にすることができます。