ヨーグルト食品アドバイザーの口コミと評判について

普段から毎日のように食している、聞き慣れた食品「ヨーグルト」。

健康や美容、ダイエットとは切っても切れない関係ですね!

そのヨーグルトについて記していきたいと思います。

ヨーグルトとは乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品のひとつです。ヨーグルトに貯まる上澄み液は乳清、英語ではホエイ、ホエーと言います。

ヨーグルトの起源はヨーロッパやアジア、中近東から始まったと言われ、およそ7000年前に生まれました。生乳の入った容器に、常在菌である乳酸菌が偶然入って出来たと言われています。気温の高い地方では生乳のままだと腐りやすいので、乳酸菌で乳を発酵させると保存性がきくということですね。その頃イランなどでは乳を発酵させたあと、乳脂肪分を分離しバターを得ることもしていました。

今回はヨーグルトの専門家、ヨーグルト食品アドバイザーについて少し具体的に説明していきたいと思います。

ヨーグルト食品アドバイザーについて

ヨーグルト食品アドバイザーとはヨーグルトとヨーグルトを使用した食品に関する知識を有していると認定される資格になります。たとえば、ヨーグルトと他の食材や調味料との関係性を理解し、ヨーグルトを使用した調理方法を理解していると証明されます。

ヨーグルトを使ったダイエット法の知識を理解していると証明されます。

一概にヨーグルトのことを知っていますと言いにくくなってきましたね。

どういった人に向いているか

ヨーグルト食品アドバイザーの説明から、料理に精通している方には知っていて欲しいです。料理講師、料理研究家、食品を扱う関係の方、ヨーグルトメーカーの関係者などです。

医療や美容関係の方、介護関係の方なども腸内環境を整える食品として優秀なものです。

家族の健康を預かる主婦や主夫に、食べることは毎日のことです。何を食べるかによって体は作られる。大切なことです。

スポーツ関係の方や、アスリートをサポートする方、食のバランスを考えるには欠かせないものです。

関係ない方がないくらい今の日本には必要な栄養素だと言えますね。

資格・試験・勉強法

ヨーグルト食品アドバイザーは日本生活環境支援協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。概要を下記に記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットでの申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

受験資格は特にありません。試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されます。受験料が一万円、インターネットで申し込みができるので手軽に受験できますね。試験は在宅で受けられるので、試験会場や交通機関を調べたりする必要もなく気軽に受験できるところがありがたいです。

勉強法ですがヨーグルトは毎日食べてよく知っていますとか、食に従事している方、料理研究家などは独学で受験されてもいいですね。しかしながら仕事をしながらの受験は時間がないのと資料を集めるにも大変な作業になります。あらかじめ用意されたテキストを何回も繰り返し覚えることが合格のいちばんの近道です。

比較的受験しやすい条件ですので頑張ってチャレンジしてみてはいかがですか?

口コミ・評判・活躍

ヨーグルトは今やもう日本の食品として根強い人気があります。それをいかに上手く摂り入れるかが今の課題になっています。過去にはヨーグルトきのこやカスピ海ヨーグルトなど、ヨーグルト関連の食品が何度も出てきましたね。

そんな時「コレなに?」「食べて大丈夫?」「栄養は?」といった疑問が出てきました。食品の栄養素を知ること、起源のこと、どんな効果があるのかなど知っていなければ食べにくいものもあります。最近はSNSを通じて料理をブログ、ツイッター、インスタ、フェイスブックなどで画像や動画の投稿も頻繁にされるようになりました。

しかしそんな時に「これって誰が発信しているの?」と不安になりますよね。ヨーグルトを使った料理をアップしたらプロフィールを見て安心することもあります。

資格取得後は講師として自宅やカルチャースクールなどで活躍できます。料理研究家や飲食店経営の人には知り得た知識でメニュー作りができます。

ヨーグルトのスペシャリストにチャレンジしてみてはいかがですか?
ヨーグルト  ヨーグルト