ヨーグルトマイスターの口コミと評判について

毎日の朝食やダイエット食にもよく取り上げられるヨーグルト。少しヨーグルトについて触れていきますね。

ヨーグルトは乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品の一つです。ヨーグルトの起源はヨーロッパやアジア、中近東などの諸説があり、およそ7,000年前とされています。生乳の入った容器に常在菌である乳酸菌が偶然入ったのが始まりだそうです。

生乳をそのまま置いておくと腐りやすくて長持ちしなかったのですが乳酸菌を入れて発酵させると保存が効くことがわかりました。イランではその頃、乳を発酵させて乳脂肪分を分離し、バターを得ることがわかっていました。

今回はこの発酵食品であるヨーグルトに関係するマイスターについて少し具体的に説明していきたいと思います。

ヨーグルトマイスターについて

ヨーグルトマイスターはヨーグルトについて基本的な知識を有していることを認定する資格です。発酵食品であるヨーグルトが体に与える健康効果や美容効果、ヨーグルトに含まれる栄養素や乳酸菌などに関しての知識を有していることを証明します。市販のヨーグルトの種類と違いについて知って、実際にヨーグルトを作る方法を理解しているか証明されます。

どういった人に向いているか

ヨーグルトといえば外国から入ってきた発酵食品ですが、過去をたどるといろいろな方法、摂り入れ方がありましたね。ヨーグルトきのこ、カスピ海ヨーグルトなど。そのたびにブームになって広まってきました。それを「これは何?」「どうやって摂ったらいいの?」など正しい知識を持って説明できる人がいましたか?

その時、なんとなく流行っていたからと言う方が多かったと思います。食材そのものはいいものなので、ヨーグルトそのものを理解した方が必要になりますね。

食に関係する方にはより専門的知識として知っていて欲しいです。健康、美容関係の仕事の方、介護関係の方に知っていて欲しい栄養素です。ヨーグルトは整腸作用があり体調を整えるには不可欠な食材。

それから料理研究家や料理レシピをSNSでアップする方にも、自身のプロフィールに加えていただけます。これは信頼にもつながりますね。

資格・試験・勉強法

ヨーグルトマイスターは日本安全食料料理協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。概要を下記に記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

受験資格は特にありません。誰でも受けられます。試験は二ヶ月に1回、年に6回偶数月に実施されます。受験料一万円で、試験は在宅で受けられるので気軽に受験できますね。試験会場はどこか、交通機関を調べる必要もないのは嬉しいです。

勉強法は一般的によく知るヨーグルトだから必要ないと思いますが、専門的な知識を学ぼうとするなら、あらかじめ用意されたテキストを何回も繰り返し覚えるのが合格のいちばんの近道です。資料を揃える、調べるなど、仕事をしながらの受験は時間がないので。しかしながら普段から食に従事している、ヨーグルトを毎日食べて好きな方なら独学でチャレンジしてみてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

ヨーグルトは外国から入ってきましたが、今は日本人の食生活には欠かせない栄養素の一つになりました。単にヨーグルトですが、中に入っている栄養素や乳酸菌の研究開発は今も進んでいます。

医療、美容、介護、食の分野では常に関わりがある食品です。以前料理講師をしていた経験がありますが、メニューの中に頻繁にヨーグルトが食材として使われていました。ヨーグルトの扱い方、水分はどうしたらいいかなど、常にある食材として知っていたらいいだろうなぁということばかりでした。健康にはもちろん、美容にもいいし、腸内環境を整えるにももってこいの食材です。

資格を取得すると自宅やカルチャースクールで講師として活躍できます。家族の健康を願う主夫や主婦にも毎日のことなので知っていて欲しいです。

今の生活にプラスあるふぁとしてチャレンジしてみてはいかがですか?
ヨーグルト  ヨーグルト