メディカルハーブカウンセラー認定試験口コミ評判

メディカルハーブカウンセラーとはどのような資格なのか、その資格の受験方法と口コミ評判についての記事です。

メディカルハーブカウンセラーとはどんな資格?

ハーブには多くの種類があり、その数は数千にもなります。効能や効果もそのハーブによって異なりますので、症状や、状況によってその使い方は異なります。ハーブの効能が注目されている今、自分ももっとハーブに関する知識やスキルを持ちたいと考えておられる方は少なくありません。そのような方にとても役立つ資格があります。それはメディカルハーブカウンセラーという資格です。日本アロマメディカル心理セラピー協会が資格認定を行っているメディカルハーブカウンセラーとは、ハーブによるリラックス効果、リフレッシュ効果、デトックス効果など、ハーブの効能に対しての知識を持ち合わせ、ハーブを用いたカウンセリングを行う技術を持ち合わせた人を認定する資格となっています。資格を取得することによってカルチャースクールなどで講師として活躍することもできます。試験ではハーブに関する基礎知識が問われます。ハーブの歴史、ハーブと健康、ハーブの有効成分、ハーブの選び方、ハーブの保存方法、ドライハーブの保存、フレッシュハーブの保存、ハーブを楽しむ方法、ハーブで綺麗になる方法など様々な知識や技術が問われます。

日本アロマメディカル心理セラピー協会とは?

日本アロマメディカル心理セラピー協会は心のケアを中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。技術者が備えるべき水準がしっかりと示されることによって、資格取得を目指す人たちが努力すべき点が明確になり、向上する意欲を持つことができます。さらに、企業や現場が人を採用するときにも資格取得者の技術レベルを把握することができますので人材を採用しやすくなります。日本アロマメディカル心理セラピー協会においてはアロマヒーリングセラピスト、カラーセラピー、メンタル心理ミュージックアドバイザー、キッチン心理カウンセラー、ストレスケアマネージメントをはじめとして多くの資格取得を行うことができるようになっています。

受験方法

受験を希望するのであれば日本アロマメディカル心理セラピー協会の公式ホームページから申し込むことができます。簡単な画面の入力事項を入力するだけで申し込むことができます。受験資格は特にありませんので幅広く様々な人が挑戦できるようになっています。受験票や答案用紙や試験問題は自宅に送り届けられますのでその時に受験料を代引きの形で支払います。受験料は消費税込みで10,000円です。合格基準は70パーセント以上の評価となっています。受験方法は在宅受験となっておりますので、不必要な緊張やエネルギーの浪費をせずに済み安心して受験に集中することができます。受験日についても決められた期間の中であればいつでも都合の良い日を選んで受験することができますので計画が立てやすく、様々な状況の方が受験可能ということもあり好評です。

口コミ評判は?

「通信講座などを用いて多くの知識を身に付けることができました。無事合格することができたので、今後はハーブを上手に使う方法などを色々な人に教えていきたいと思います」

資格取得のための勉強やスキルアップによってハーブに関する一層の愛着を自分自身が持つことができるようになります。また正しく他の人にも情報を伝えハーブの効能から健康的な生活を送るよう助けを差し伸べることができるようになります。今の時代に必要な資格の一つといえます。