マクロビフード健康インストラクターの口コミと評判について

マクロビオティックとはいったい何かご存知ですか?あまり聞きなれない言葉ですが、マクロビフード健康インストラクターを目指す人には大事な言葉です。

マクロビとはマクロビオティックを略した言葉です。マクロビオティックは桜沢如一が食育で有名な明治時代に薬剤監で医師の石塚左玄が、食物に関する陰陽論を基盤にした思想をもとに、食事法を確立したものです。

主食は玄米、全粒粉で、豆類、野菜、海藻類から組み立てられた食事法であり思想です。

身土不二、陰陽調和、一物全体などの哲学を持っています。

マクロビオティックまたはマクロビフードについて、インストラクターについて少し具体的に説明していきたいと思います。

マクロビフード健康インストラクターについて

マクロビフード健康インストラクターはマクロビオティックの三大理論(身土不二、陰陽調和、一物全体)や野菜の選び方と四季、土用について、野菜を選ぶときの注意点、油の選び方と使い方の注意点、マクロビオティック実施中に常用できない食品、マクロビオティックで実施するレシピをちゃんと理解した人に与えられる資格になります。

玄米の炊き方、出汁の取り方、味噌汁はどうやって作るのか、ごま塩の作り方、春のレシピや春~夏の土用には何を取ったらいいか、夏のレシピ、夏~秋の土用には何を取ったらいいか、秋のレシピ、秋~冬の土用には何を取ったらいいか冬のレシピや冬~春の土用には何を取ったらいいのかなどその時に応じてレシピをマスターしていきます。

どういった人に向いているか

冷えや病気などの体の不調がマクロビオティックによって解消されたという人続出!そんな人に正しい知識を取得し、陰陽論や壮大な宇宙の原則を理解し、講座を開き健康や美容に自身のない人に伝えていける資格です。

レシピ開発や料理教室開講、など一般の主婦がまたは興味のある人が資格取得後に、マクロビオティックを基本に人に伝えていけます。

飲食店を開いている人にはマクロビフードをメニューに入れて集客に繋がります。

食に関連のある人にはオススメの資格です。

資格・試験・勉強法

マクロビフード健康インストラクターは日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格すると資格がもらえます。

下記に概要を記します。

・受験資格 特になし

・受験料 10,000円(消費税込み)

・受験申請 インターネットで申し込み

・受験方法 在宅受験

・合格基準 正答率70%以上

受験するのに資格は特にいりません。二ヶ月に1囘、年に6回偶数月にインターネットで申し込みができ、一万円と気軽に受けていただけます。在宅で受けられるのも嬉しいですね。試験会場はどこだとか、交通機関は何で行こうかとか煩わしいことも考えなくてすみます。

勉強法はあらかじめ用意されているテキストを何回も繰り返し覚えていくといいでしょう。仕事をしながらの受験は時間がないのと、資料を集めるのにも大変です。しかしながら、料理に携わっている人、料理研究家や料理教室の先生は独学でチャレンジしてみてもいいですね。

口コミ・評判・活躍

世界で活躍するモデルやセレブ、有名人を中心に日本の和食がブームになっています。ダイエットから来た和食ブームはこれからももっと注目を集めることになるでしょう。

マクロビオティックは日本独特の思想から生まれた食事法です。和食ブームとともにこれから飲食店や料理教室、マクロビオティックフード健康インストラクターとして開講される人も増えてきます。

家族の食事を作っている主婦や主夫の人にも知識として知っていて欲しいです。SNSを介してインスタやツイッター、ブログ、フェースブック等によっても広がっていくことでしょう。スマホやパソコンで見られるレシピアプリも増えてきました。資格を取得して、SNSにアップし、みんなで共有するのも楽しいですね。

ぜひ資格取得にチャレンジしてみてはいかがですか。
マクロビオティック  マクロビオティック