ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判

子育て世代のママさんにとって一番の難問は食べ物ですよね。母乳で育てている内はいいのですが、離乳食になったり幼児食になったりいわゆるベビーフードになると一気に難しくなりますね。

月齢ごとに必要な栄養素が変わったり、季節によっても旬などをお子さんに教えたいということも考えると、もう何をどう作って、食べさせたらいいのか分からなくなりますよね。子育てでのちょっとした悩みの積み重ねから産後うつになったり、子供にその不安が伝染したりと、不安なまま子育てしてて良いことは何もありません。そこで予め取得しておくと役に立つ資格をご紹介します。それがベビーフードインストラクターという資格です。

ベビーフードインストラクターとは?

この資格は日本インストラクター協会が認定している資格です。ママさんがまさに今不安に思っていることを知識として身に付けている人に与えられる資格で、通信教育などで2ヶ月勉強すれば取得することができるものです。

具体的にはベビーフードの栄養バランスや、月齢ごとの必要な栄養素の違い、季節ごとの違いがなどの知識を身に付けることができます。

またこの資格はインストラクターと付いているので、資格取得後は、カルチャースクールなどで講師として人に教えることもできるようになります。子育てでせっかく身に付けた知識ですから、資格という形で残し、副業として役に立てられれば一石二鳥ですね。

ベビーフードインストラクター認定試験口コミ評判は?

ベビーフードの資格を取得された方々は、皆さん良かったと評判です。口コミでは、「子育てで悩んでましたが、この試験勉強を始めてから、勉強するたびに悩みが解消していくのが実感でき勉強が楽しかったです。」とか「取得した資格が、すぐに他人のために活かせるので、取った頑張りが実って達成感が凄いです。」などたくさん聞かれました。

またインストラクターという事で、人に教える楽しさに目覚めた方もたくさんいらっしゃいました。「自分の子育てが一段落したときにベビーフードの知識が資格として残ったので、講師として活動できました。自分で理解するだけでなく、人に教える事で新たな発見がたくさん出て、また子育てしたくなりました。」自分では知ったつもり、出来てるつもりでも、それを人に教えるときの再発見は誰でもあるものです。それが実感できるのはインストラクターと言う人に教える職業ならではではないでしょうか?

どうやったら資格が取れるの?

資格取得には大きく2つの方法があります。

まずは通信教育などで勉強してから取得する方法。勉強と言うと時間が無かったり、学校に通う距離的な問題もありますよね。だから“通信”教育なのです。通信教育なら全てが自宅に居ながらにして受けることができるので、時間も自分の好きなときに出来ますし、どこかに行く必要がないので、距離的な問題も考える必要がありません。通信教育によっては、最短2ヶ月で資格取得まで可能なコースもあったり、講義修了と同時に資格がもらえる、試験免除のコースがあったりと勉強する側に優しいコースがたくさん用意されています。

もう1つは、いきなり試験を受けて取得する方法です。既に保育士として活躍している人や、子育て経験者である程度知識のある人は、通信教育は受けずにいきなり試験に臨むのも良いかもしれません。受験資格は特にないので、未経験から試験に臨んでも全然大丈夫です。その場合は日本インストラクター協会のHPから受験の申し込みをします。その後送られてくる試験問題と解答用紙を規定の5日間で解いて、解答用紙を協会に返送するだけです。なので、試験は全てが自宅で完結します。受験料も問題用紙を配達してくれた人に渡す代引のみなので、カード情報を入力する手間もありません。試験時間も5日間の中なら夜中にやろうが、昼間子供が昼寝の時間にやろうが関係ありません。自分の空いた時間にすればいいのです。

気軽に受けられる試験なので、ぜひある程度知識を持っている人は挑戦してみては如何でしょうか。