ブリーダー人気資格ランキング

ブリーダーとは

ブリーダーとは、動物(主に犬や猫)を繁殖させ、子供を販売することによって利益を上げる仕事です。
ブリーダーのその仕事の大半は飼育環境の注意はもちろん、繁殖の為の設備の考案や、交配などに関する手配、さらに生まれてきた子供達に関する病気への配慮やしつけ、最後に子供達を新しいオーナー様に引き取ってもらう為の手続きなど気苦労が絶えません。
しかし、大好きなペットたちの新たな生命の誕生に立ち会い、毎日苦労して育て上げ、そんな子を生涯可愛がってくれるであろう新しいオーナー様に貰われていく感動の体験は何にも代え難く、ブリーダーという職業を目指していくペット愛好家は年々多くなっています。
そんな、とても素晴らしい出会いと体験のあるブリーダーですが、やはりその特性上かなりの専門的な知識が必要であり、敷居の高い職業となっています。
今回はそんなブリーダーに関する知識をしっかり学び、自らブリーダーとして生計を立てていく他にも、これからブリーダーを目指す方にとって良きアドバイザーになれるような、そんなブリーダー関連の資格について、人気ランキング形式でご紹介したいと思います。

4位 ペット繁殖指導員

自らブリーダーとしての技術や知識を高めていくだけではなく、生体を扱う施設において、他の人に適切な助言や指導を与える事が出来るものとして日本ペット技能認定協会より認定を受けるのがこの「ペット繁殖指導員」の資格です。
同協会では他にも様々な動物の飼育や医療に関する認定資格を扱っている為、「ペット繁殖指導員」の資格取得後はその業務と連携出来るような他の資格を取得し、その活動分野を広げていく人が多い事がこの資格の特徴です。

3位 ブリーディング技能士

犬などの愛玩動物に関する種別特有の遺伝病や罹りやすい病気への知識を持ち、繁殖しやすい環境を整え動物の繁殖が出来るものとして職業技能振興会によって認定を受けるのがこの「ブリーディング技能士」です。
動物看護学や繁殖飼育学などを基礎とし、さらには寄生虫や微生物の弊害などについて科学的見地から学ぶことにより、その知識は深く、ブリーダーという分野だけではなく、動物医療などの分野でも発揮できるものとして注目されています。

2位 犬、猫ペットブリーダー

犬や猫の繁殖や改良に関する基礎的な知識を有している他、ブリーダーとしてその業務を行なっていく上で必要な知識も有している者として日本生活環境支援協会より認定を受けるのがこの「犬、猫ペットブリーダー」です。
ただ単純にブリーダーとしての知識を有しているだけではなく、その開業の費用や業務の内容、設備、収支の流れ、更にはブリーダー特有の広告の方法や宣伝についての知識を学ぶ事ができます。
こういった専門的な知識により、自らがブリーダーとして活動していくとともに、カルチャースクールなどでブリーダーを志す方々を対象にした講師活動を行う事ができるなど、その知識への需要の分野は広く、人気の一つになっています。

1位 ペット繁殖インストラクター

犬や猫のその種類別の繁殖方法について理解し、更には、性格の良い子犬の育て方や、猫の飼育環境に至るまで、ブリーダーとしての知識を通して犬や猫に関する全般的な知識を有している者として日本インストラクター協会より認定されるのがこの「ペット繁殖インストラクター」です。
チワワとダックス犬の姿形が異なるように、その生態や繁殖方法は異なっており、そういった一般的な犬種、猫種に関する繁殖の知識をそれぞれ理解するとともに、食事管理による妊娠へのデメリットの防止や、妊娠周期の計算など繁殖に必要な知識を全て学ぶ事ができるこの資格はまさにブリーダーのスペシャリストという事ができます。
その専門的な知識はブリーダーはもちろんの事ですが、実際の飼育の場面での助言や、開業に関してのアドバイザーなど、様々な分野で活躍出来るため、とても人気の資格になっています。

最後に

このようにブリーダーという命を扱う分野において必要な要素は様々で、ブリーダーとして活動していくためには様々な知識を学ばなくてはいけません。
今回ご紹介した資格試験を通じてブリーダーという仕事に興味を持ち、今後の生活に生かしていただけたら幸いに思います。
ブリーダー  ブリーダー